採用:NTTドコモ、NTTデータのクラウドストレージを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:NTTドコモ、NTTデータのクラウドストレージを導入


掲載日:2015/01/21


News

 株式会社NTTデータは、株式会社NTTドコモのクラウド型のメールサービス「ドコモメール」を支える新たなクラウドストレージを構築し、1月14日に本格稼働を開始したと発表した。

 NTTドコモは、スマートフォンを利用したメールサービス、携帯電話のデータを預かるサービス、電話帳バックアップサービス、フォトコレクションなど、利用者のデータを同社サーバーで管理するクラウドサービスを提供しているという。

 クラウドサービスの中でも、2013年10月より提供を開始した「ドコモメール」は、利用者が増加しているとし、NTTデータは、最新のクラウドストレージ技術を用いて、急増するメールのアーカイブデータ量に対応できるインフラを構築したと伝えている。

 クラウドストレージには、オープンソースの分散ストレージソフトウェア「OpenStack Swift」をベースとした、「プライベート・クラウドストレージ・ソリューション」が採用されたという。同ストレージは論理容量の合計6.4PBで構成されており、今後のメールデータの増加に合わせて随時拡張することができるほか、地理的に分散したデータセンターに同じデータを複数分散して格納することで、ストレージの障害やデータセンターの被災時にもサービスを継続して運用することが可能となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059901


IT・IT製品TOP > データセンター > プライベートクラウド > プライベートクラウドのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ