モバイルアイアン、MAMパッケージ分野で2年連続シェア第1位

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


モバイルアイアン、MAMパッケージ分野で2年連続シェア第1位


掲載日:2015/01/20


News

 モバイルアイアン・ジャパン(モバイルアイアン)は、株式会社ミック経済研究所が発行したレポート“コラボレーション/コンテンツ・モバイル管理パッケージソフトの市場展望2014年度版”の“MAMパッケージ分野”において、2013年売上、2014年売上予測の2年連続でベンダ別売上金額シェア第1位にランクされたと発表した。

 モバイルアイアンは、米MobileIron,Inc.,の日本法人。

 ミック経済研究所の調査によると、MAMパッケージ市場における同社の国内シェアは、2013年度に引き続き、2014年度も国内シェアトップを維持しているという。

 同調査は、MAM市場は、スマートデバイスが普及し企業での活用も増加する中で、個人のものとは切り離し、業務関連のアプリケーションやデータを管理・保護するニーズが高まりを見せていて、2014年度は本格的な導入期を迎えつつあり、前年比191.4%の26.8億円となる見込みだと述べている。

 また、従来型のMDMによるリモートワイプ機能ではデバイス内の全データまで消去してしまうため、BYOD普及の足かせにもなっていたが、MAMではリモートワイプの適用範囲を業務アプリに限定できることから、デバイスを紛失した場合などに、業務アプリとその関連データは確実に消去するが、それ以外のアプリやデータを残せるため、今後、エンタープライズ・モバイル管理の市場を押し上げていくものと思われると伝えている。

 モバイルアイアンについては、2013年度は製造、医療、流通、運輸系での案件が多かったが、2014年度は既存のITシステムとの連動により、アプリケーション管理、セキュリティが求められEMMが進んでいることから、ライセンス数と案件のグレードを押し上げていると述べている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IoTのハードルを飛び越えるには企画〜開発までどう進めるべきか 【ソフトバンク】 次世代データセンターの能力を決める6つの要件とは 【ネットアップ】 5つの原則に見る、次世代データセンターの姿とは 【ネットアップ】 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 【駅探】 事例で検証! Office 365 はコミュニケーション活性化の切り札か 【大塚商会/日本マイクロソフト】
無線LAN データセンター運用 データセンター運用 その他開発関連 グループウェア
IoTのハードルを飛び越えるために、企画から開発までどう進めるべきか? 6つの要件から理解するストレージのQoS、次世代データセンターの能力を決める鍵 5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 事例/ Office 365で変えていく。社内コミュニケーションの質と量
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059870



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ