ジャパンシステム、地図システムと測位活用し屋内LBS領域へ進出

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ジャパンシステム、地図システムと測位活用し屋内LBS領域へ進出


掲載日:2015/01/20


News

 ジャパンシステム株式会社は、屋内地図システムと屋内測位を利用した“Indoor Location-based Service”(屋内LBS)領域へ進出すると発表した。

 ジャパンシステムは、システム基盤事業、エンタープライズ事業、公共事業の3つの事業を柱とし、ソリューション及びサービスを提供する企業。同社では、屋内地図システムと屋内測位を活用した屋内LBSビジネスの検討を行なってきたという。

 屋内LBSには、屋内地図システム技術と、無線LANやBLE(Bluetooth Low Energy)、地磁気などを利用した屋内測位が必要だが、中でも同社は、施設磁場情報を活用するため新たな機器の設置が不要で、無線LAN測位などと比較して低コストに屋内測位環境の構築が期待できる地磁気の測位に着目し、検証を重ねてきたと伝えている。

 また、グローバルで2万5000ヵ所以上の屋内地図を保有する日本マイセロ株式会社(マイセロ)とともに、日本国内における屋内LBSについての技術連携などを検討してきたと述べている。

 今回、スタートアップとして、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催のための環境整備に向け、国土交通省“東京駅周辺高精度測位社会プロジェクト検討会”が実施する、“高精度測位社会の実現に向けた東京駅周辺における実証実験”(1月下旬予定)に協力団体として参画し、地磁気測位に関する実証実験を行なうと述べている。

 同実証実験では、“東京駅周辺高精度測位社会プロジェクト検討会”の持つ屋内地図データを基に、マイセロが作成・提供する屋内地図システムと、地磁気による屋内測位精度の連携を検証するとしている。

 具体的には、東京駅周辺で地磁気測位の実証実験を行ない、地磁気測位が利用できる施設特性(鉄道影響、吹き抜け空間、柱が多い施設など)の検証を行なうほか、マイセロの屋内地図システムと地磁気測位を連携し、マイセロが提供する経路案内、検索機能などと連携して、屋内LBSの機能検証を行なうと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? 【シマンテック】 サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 【フォーティネットジャパン】 人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想 【フォーティネットジャパン】 狙われ始めた「産業制御システム」、2つの重大な弱点をどう克服する? 【フォーティネットジャパン】 UTM活用ガイド:BYODなどの多様な接続環境とセキュリティを両立するには 【フォーティネットジャパン株式会社】
検疫 UTM 検疫 ファイアウォール UTM
「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想 狙われ始めた「産業制御システム」、2つの重大な弱点をどう克服する? UTM活用ガイド:BYODなどの多様な接続環境とセキュリティを両立するには
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059864



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ