AvePoint、ファイルサーバとSharePoint Onlineを統合可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


AvePoint、ファイルサーバとSharePoint Onlineを統合可能に


掲載日:2015/01/19


News

 AvePoint Japan株式会社(AvePoint)は、ファイルサーバ上にある大容量ファイルなどを、クラウドサービス「Office 365」のSharePoint Online上に表示させ、移動の手間なくSharePoint Online上で管理できるソフトウェア「AvePoint どきゅなび Online」の日本語版の提供を開始した。

 「どきゅなび Online」は、ファイルサーバにあるコンテンツをSharePoint Onlineのリストに連結し、SharePoint Online上に表示できる。表示されるファイルをダウンロードして編集することもでき、あたかもSharePoint Online上にあるコンテンツのように、高度な検索や直接ダウンロード/アップロードを実行できる。これにより、既存のファイルサーバを保持した上で連携させて運用するハイブリッド型の利用が可能になる。SharePoint Onlineにある、2GB以上の大容量ファイルや特定の種類のファイルに対する制限にとらわれずに、クラウド情報共有基盤をスムーズに使用できるようになる。

 組織内に散在する情報資産をSharePoint Online上に集約できるほか、どこからでもVPN接続不要でファイルサーバのコンテンツにアクセスできる。また、SharePoint Onlineのメタデータをベースとした全文検索機能を使用できるため、目的のコンテンツの見つけやすさやアクセス効率が向上する。

 SharePointを通じたファイルサーバ上のファイルに対するアクセス(ダウンロード履歴)を.csvファイルにエクスポートして、監査ログとして取得できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファイル共有」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイル共有」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイル共有」関連の製品

クラウド型ファイル共有サービス Oracle Documents Cloud Service 【日本オラクル】 ペーパーレス役員会議システム ConforMeeting/e 【NEC】 多機能・高精細ビューイングエンジン PrizmDoc 【ラネクシー】 企業間・部門間情報共有プラットフォーム PROCENTER/C 【NEC】 kintone 【サイボウズ】
ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有
強力なセキュリティとアプリケーション連携を実現する、クラウド型のファイル同期・共有サービス。 役員会議など秘匿性の高い会議資料をペーパーレス化し会議の効率化及び質の向上を実現。Windows、Android、iOSのマルチOSに対応し資料閲覧や手書きメモを画面上で行える。 PrizmDoc は開発ツールです。Webアプリケーション上に構築するビューイングエンジンです。低コストで効率的に多機能・高精細ビューイングソフトを作成可能。 複数サーバに散在する文書やファイルを統合管理できる文書・コンテンツ管理システム。大容量ファイルの高速転送、授受管理が可能で、社外・海外企業との情報共有も効率化。 「チームで使う」ことに特化したWebデータベース。用途に応じたアプリが用意されており、すぐに業務で使い始められる。
30日間無料でお試し可能。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059854


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル共有 > ファイル共有のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ