NEC、ビッグデータ活用や大規模統合基盤向けのサーバーを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、ビッグデータ活用や大規模統合基盤向けのサーバーを発売


掲載日:2015/01/19


News

 日本電気株式会社(NEC)は、ビッグデータを活用した需要予測システムや、高度な仮想化機能を活用した大規模な統合システム基盤の構築に適した、Linux対応のエンタープライズサーバ「NX7700x/A2080H-240」を発売した。価格は4567万7800円から。

 「NX7700x/A2080H-240」では、サーバー筐体に複数のブレードサーバを搭載可能なクロスバー構造が採用され、高さ18uに最大8枚のブレードサーバを搭載できる。物理パーティション機能により、1/2/4/8ブレード単位で結合/分割することもできる。これにより、容易に性能の追加/分割が可能になるとともに、分割した各システムで障害が発生した場合でも、障害の波及や他システムの停止を回避できる。更に、データ量の増加時にも、ブレードのパーティション区分を変更することで、適切な性能に合わせた拡張を行なえる。

 1CPUあたり15コアのXeonプロセッサE7 v2製品ファミリーを最大16個(240コア)、メモリ容量は最大12TBまで拡張できる。

 CPUコアやメモリを監視し、ハードウェア障害の際でもサーバー筐体に搭載された“AnalysisEngine”により障害個所の特定や障害の原因/対策を管理画面に明示する自己診断機能が搭載されている。また、耐障害機能により、I/Oエラーが発生した場合でも、リトライ処理を実施したり、対象のI/Oカードをシステムから切り離すことで、直ちにシステムを停止せずに業務を継続できる。これらの機能により、高度な分析処理中の予期せぬ中断などのリスクを低減でき、社会インフラの業務基盤として運用できる。


出荷日・発売日 2015年1月15日 発売
価格 4567万7800円〜

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「PCサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PCサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「PCサーバ」関連の製品

無停止型サーバ「ftServer」ファミリ 【日本ストラタステクノロジー】 ITシステムを効率よく一元管理「OpenManage Essentials」 【デル】 x86サーバのキーマンによる対談からx86サーバの魅力を解説 【レノボ・ジャパン株式会社】 統合的なサーバ管理を提供する「Dell EMC PowerEdge iDRAC」 【デル】
PCサーバ PCサーバ PCサーバ PCサーバ
「インテルXeonプロセッサ E5-2600v3シリーズ」を搭載した無停止型サーバ。仮想化システム/クラウド/DBサーバなど、ミッションクリティカルなシステムに高い可用性を提供。 システム管理が無償でここまで! OpenManage Essentialsって何? どのベンダーで買っても同じか? キーマンが語るx86サーバの今と未来 最新ツールでIT担当者はサーバ管理業務から開放されるのか?

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059853


IT・IT製品TOP > サーバー > PCサーバ > PCサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ