アスク、Synology製のビジネス向け12ベイNASサーバを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アスク、Synology製のビジネス向け12ベイNASサーバを発売


掲載日:2015/01/19


News

 株式会社アスクは、Synology製のビジネス向け12ベイNASサーバ「DiskStation DS3615xs」を1月下旬に発売する。

 「DiskStation DS3615xs」は、3.5/2.5インチドライブ12台の取り付けに対応したNASサーバで、ビジネス向けのメールサーバやVPNサーバで使用できるほか、クラウドソリューションと連携したデータ管理・バックアップ用途で使用できる。3.4GHzデュアルコアプロセッサや4GB DDR3 ECCメモリを搭載し、VLANを使用したRAID 5構成で読込時に最大2351.23MBpsのスループットを達成している。また、AES-NIハードウェア暗号化エンジンを備え、性能を劣化させずに、重要なデータを安全に保管できるソリューションを提供する。多数のネットワークプロトコルをサポートし、Windows/Mac/Linuxなど異なるプラットフォームで迅速・効率的なファイル共有を行なえるほか、VMware/Hyper-V/Citrixなどの仮想化環境でもシームレスなストレージソリューションを提供する。

 フェールオーバー/Link Aggregationに対応したギガビットイーサネットを4基装備し、ハード故障時に冗長性を確保できる。10GbE NICをサポートするデュアルPCI Express 3.0 x8スロットを装備しているほか、Synology High Availabilityに対応し、2台のNASサーバを1つの高可用性クラスタにすることで、システムの信頼性向上を図れる。オプションの12ベイ拡張ユニット「DX1215」を2台増設することで最大36台のドライブ取付に対応する、優れたスケーラビリティを備えている。

 Synologyのオペレーティングシステム「Disk Station Manager(DSM)」は、直感的に操作できるユーザインターフェースを採用し、ストレージの管理に加え、データバックアップやファイル共有など多くの用途に対応していて、複数のSynology NASサーバを一元管理できるほか、Synologyパッケージセンタから、個人向けまたはビジネス向けに設計された様々な専用アプリケーションをインストールできる。

 最大75台までの監視カメラを一括管理でき、ネットワークカメラサーバとしても利用できる。専用アプリケーション「Surveillance Station」からリアルタイム監視や記録データのタイムラインビューを容易に行なえ、法的証拠としても使用できる認証も取得している。


出荷日・発売日 2015年1月下旬 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

ファイルサーバのメンテが不要、スケールアウトNASの“常識破り”とは 【EMCジャパン】 1日当たりのデータ転送量が50TB、Yahoo! JAPANが挑んだ桁外れのバックアップ 【日本アイ・ビー・エム】 Amazon S3とAPI互換でハイブリッドに構成できるIBM Cloud Object Storageとは? 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 「データレイク」設計のカギとなる3種類のストレージ 【日本アイ・ビー・エム】 高速性・信頼性・経済性を追求、高密度SSD対応フラッシュストレージの実力は? 【日本ヒューレット・パッカード+他】
NAS NAS NAS NAS NAS
データが増えても運用の手間が増えず、ノード追加で容易に拡張できるスケールアウトNASに手頃な価格のパッケージが登場。ファイルサーバに最適な理由とは? 1日当たりのデータ転送量が50TB、Yahoo! JAPANが挑んだ桁外れのバックアップ Amazon S3とAPI互換でハイブリッドに構成できるIBM Cloud Object Storageとは? データを真に利活用する「データレイク」設計のカギとなる3種類のストレージ 高速性・信頼性・経済性を追求、高密度SSD対応フラッシュストレージの実力は?

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059852


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ