日本マイクロソフト、Azureを専用線で提供する閉域網接続を開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本マイクロソフト、Azureを専用線で提供する閉域網接続を開始


掲載日:2015/01/16


News

 日本マイクロソフト株式会社は、パブリッククラウドサービス「Microsoft Azure」と、ユーザのデータセンターや社内システムとを専用線でつなぐ、閉域網接続サービス「ExpressRoute」を開始した。

 同サービス基盤を同社とともに提供するExpressRoute接続事業者には、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)に加え、エクイニクス・ジャパン株式会社(エクイニクス)が加わる。IIJは、導入時に求められる機器の設置や運用、管理なども一括して行なう「フルマネージドサービス型」を、主に大規模企業向けに提供する。エクイニクスは、ユーザが同社のパートナー企業からサービスや接続回線を自由に選択し、自社で設計・運用する「フレキシブルサービス型」を、主に中小規模事業者や大規模企業の事業部向けに提供する。

 今回、「ExpressRoute」が開始されることで、機密情報を取り扱う、または高パフォーマンスなネットワークが必要などの理由で、従来パブリッククラウドサービスを利用することに抵抗があったユーザが、インターネットの公衆回線網を経由せずにネットワーク帯域が保証され、より信頼性に優れた強固なセキュリティ環境を維持しながら、自社のオンプレミス環境の延長線上として国内のデータセンターにある「Azure」を利用できる。

 「フルマネージドサービス型」「フレキシブルサービス型」ともに、Azure日本データセンターの東日本・西日本リージョンと、ユーザのデータセンターや社内システムとを接続して閉域網サービスが提供される。両ExpressRoute接続事業者のパートナー企業の通信事業者やシステムインテグレーター計34社(1月15日現在)からサービスが提供されるため、日本全国で閉域網回線を含めたIT資産の冗長化を図りたいという要望に対応することもできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日本マイクロソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ISDN/専用線」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ISDN/専用線」関連情報をランダムに表示しています。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059831


IT・IT製品TOP > 通信サービス > ISDN/専用線 > ISDN/専用線のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ