リコー、インタラクティブホワイトボードの新モデルを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リコー、インタラクティブホワイトボードの新モデルを発売


掲載日:2015/01/14


News

 株式会社リコーは、55vインチワイド(フルHD対応)のインタラクティブホワイトボード「リコー インタラクティブ ホワイトボード D5510」(リコー IWB D5510)を1月26日に発売する。価格はオープン価格。

 「リコー IWB D5510」では、使い勝手の向上が図られていて、PCやタブレット端末などの資料を表示し、書込みなどの共同作業を容易に開始できる操作性や、電子ペンでの滑らかな書き心地に加え、手書き文字をテキストデータに変換するOCR機能(14言語に対応)や図形描写、スタンプ機能が搭載され、打ち合わせ後の議事録作成やファイル検索などに活用できる。また、HDMI端子やスピーカー端子が追加され、拡張性が向上している。

 電源を入れることで直ちに画面共有や書き込みを開始できるほか、スタンバイ時に画面をタッチすると、5秒で復帰する。接続するPCやタブレット端末などへのアプリケーションソフトのインストールが不要で、特定のOSに非依存なので、Windows環境に加え、Mac OSやiOS環境のデバイスを接続して、表示した画面に書き込める。

 ペン先の動きへの追従性が向上し、スムーズな書き心地を達成しているほか、専用ペンのペン尻は消しゴム機能を備え、ひと筆分を消せる。また、書き込んだ内容を保存する場合、PCなどから表示された画面と手書きで書き込んだ内容をあわせてPDFファイルを生成でき、複数画面の内容もマルチページPDFとして1ファイルにまとめて保存できる。

 ネットワークを経由した遠隔拠点とのコラボレーション(要オプション)は最大20拠点で行なえる。書き込み内容もリアルタイムに共有できるため、遠隔拠点とも充実したコミュニケーションを図れる。同製品のIPアドレス情報を、ブラウザのURLに入力してアクセスし、パスワードを入力することで、PCやタブレット端末に搭載されたWebブラウザで、表示画面を閲覧できる。

 電源をオフにすると、同製品に表示された資料や書き込んだ内容が自動的に消去されるため、データの消し忘れによる情報漏洩を未然に防止でき、機密情報など、重要性の高い情報を取り扱うオフィスや、教育機関でも利用できる。


出荷日・発売日 2015年1月26日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他オフィス機器関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他オフィス機器関連」関連情報をランダムに表示しています。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059786


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > その他オフィス機器関連 > その他オフィス機器関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ