ゼネテック、マザック製工作機械ユーザ向けオフライン製品等発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ゼネテック、マザック製工作機械ユーザ向けオフライン製品等発売


掲載日:2015/01/13


News

 株式会社ゼネテックは、PC上でヤマザキマザック製の工作機械の対話プログラム作成・編集・通信といったオフラインソリューションを提供する「CamLink」(開発元:米国Griffo Brothers Inc.)と、「Mastercam」で作成した加工データをマザトロール言語に変換・出力する「Mastercam to MAZATROL」(開発元:独Camaix GmbH)の2製品を、1月15日に発売する。

 「CamLink」は、ヤマザキマザック製の工作機械に搭載されているCNC装置「MAZATROL」の環境をPC上で表現でき、操作盤の直接操作不要で、PC上で対話プログラムの作成や編集、データ通信を行なえる。DXFデータや3次元CAD「SOLIDWORKS」のデータを元にしたプログラム作成(別途SOLIDWORKSが必要)にも対応しているため、2D/3DのCADデータを活用した効率的なプログラム作成も行なえる。また、世代ごとに形式が異なるマザトロール言語の相互変換機能を備え、新世代から旧世代への言語変換を行なえ、作成したプログラムの相互運用を図れるため、様々な世代のMAZATROLを使用しているユーザは、作業の効率化や生産性の向上を図れる。

 「Mastercam to MAZATROL」は、「Mastercam」で作成したツールパス(工具軌跡)情報をマザトロール言語に変換・出力するポストプロセッサ。EIA/ISOオプション非搭載の機械を所有している場合でも、「Mastercam」を利用した、迅速で効率的な加工プログラムの作成が可能になるほか、Gコードの運用に抵抗があるというユーザも活用できる。また、5軸加工や旋盤加工用プランにも対応している。

 両製品を併用することで、「Mastercam」で作成した加工データのマザトロール言語への変換・出力から編集・通信までを行なえる。なお、両製品ともに、マシニング系・旋盤系・複合加工機系の各制御機に対応している。

 価格は、「CamLink」の基本モジュールが30万円からで、2D/3DのCADデータの活用向けや、新旧言語の変換機能など、事業環境や規模に合わせたモジュールを組み合わせて購入できる。また、「Mastercam to MAZATROL」の3軸加工用のシステム「3ax」は36万円。


出荷日・発売日 2015年1月15日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CAD」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CAD」関連情報をランダムに表示しています。

「CAD」関連の製品

3次元CAD「SOLIDWORKS」 【NEC】
CAD
豊富な2次元/3次元設計機能を備え、直感的な操作と高パフォーマンスを実現した3次元CAD。価格と機能のバランスの取れたミッドレンジ製品であり、国内トップシェアを誇る。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059752


IT・IT製品TOP > PCソフト > CAD > CADのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ