オプティム、遠隔サポートツールで全Androidと画面共有が可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オプティム、遠隔サポートツールで全Androidと画面共有が可能に


掲載日:2015/01/08


News

 株式会社オプティムは、リモートサポートツールをAndroid 5.0 Lollipopに対応させた「Optimal Remote for Lollipop」を発表し、Android 5.0以上の全機種で画面共有を可能にした。

 「Optimal Remote」では、オペレーターが顧客の端末の画面を確認しながら操作やトラブル解決を支援でき、サポート時間の削減と、顧客満足度の向上を図れる。最新バージョンのOSが適用されているAndroidをはじめ、Windows、Mac、iPhone/iPadに対応していて、様々な端末のサポートを行なえる。

 今回Android 5.0 Lollipopにも対応したことで、通信回線と端末を別々に販売しているような、SIMロックフリー端末が中心のMVNO(仮想移動体通信事業者)や海外の通信キャリアにおいて、端末メーカー/機種を限定することなくリモートサポートサービスを提供できる(メーカーの特殊機能や技術的制限、機種依存などの例外については非対応)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サービスデスク」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サービスデスク」関連情報をランダムに表示しています。

「サービスデスク」関連の製品

“ITIL”準拠の近道、3要素で見直すITサービス管理業務 【クレオネットワークス】 ITIL準拠のITサービス管理基盤「SmartStageサービスデスク」 【クレオネットワークス】 Senju Service Manager 【野村総合研究所】 イオングループ、西武グループに学ぶITサービス管理のトレンド 【クレオネットワークス】 IT投資の70%を占める運用コスト、なかなか減らせない原因は? 【クレオネットワークス】
サービスデスク サービスデスク サービスデスク サービスデスク サービスデスク
“ITIL”準拠の近道、3要素で見直すITサービス管理業務 過去、ITIL準拠のワークフロー導入に多くの人が失敗した原因は? 「ITILは自社の業務プロセスとマッチしていなかった」ということなら、今こそ再検討のタイミング! ITILやISO20000(ITSMS)で求められる運用プロセスを実現。業務負荷を軽減しつつITサービスの品質を向上させ、システム利用者からの多様な情報へ迅速かつ的確に対応できる。 イオングループ、西武グループに学ぶITサービス管理のトレンド IT投資の70%を占める運用コスト、なかなか減らせない原因は?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059709


IT・IT製品TOP > 運用管理 > サービスデスク > サービスデスクのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ