インフォアジャパン、ERPのクラウド版と移行プログラムを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インフォアジャパン、ERPのクラウド版と移行プログラムを提供


掲載日:2014/12/26


News

 インフォアジャパン株式会社は、同社の主要ERP(Infor LN/Infor M3/Infor SyteLine)をアマゾン ウェブ サービス(AWS)のクラウド上で提供を開始し、既存のオンプレミスのERPをクラウドERPに移行する「Infor UpgradeX」プログラムの提供を開始した。

 「Infor UpgradeX」では、オンプレミスのERPの資産を直接クラウド上に移行でき、システムの保有コストの削減や、サービス中断時間が短縮されることでのディザスタリカバリを図れる。クラウド版の各ERPは、「Infor 10xバージョン」に対応しているため、新しい業種別の機能や分析機能を即座に利用できる。また、クラウド版の各ERPは、予算計画を容易に立てられるサブスクリプションモデルで提供される。

 今回、提供が開始されるクラウドERPは、Infor LN(旧製品名:Baan)から移行できる「Infor CloudSuite LN」と、Infor M3(旧製品名:Movex)から移行できる「Infor CloudSuite M3」、Infor SyteLineから移行できる「Infor CloudSuite SyteLine」。なお、各ERPの1ユーザあたり最低価格は、月額約1万3000円から(利用製品・利用ユーザ数によって価格は変動する)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

GRANDIT 【GRANDIT】 中堅・中小企業向けERP SAP Business One 【SAPジャパン】 グローバル対応ERP Exact Globe Next 【JBAプロセス・イノベーション・コンサルティング】 事例で見る、ERPの第三者保守への切り替えメリットとは? 【シーエーシー】 ProActive E2(プロアクティブイーツー) 【SCSK】
ERP ERP ERP ERP ERP
経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費モジュールで構成された完全WEBの次世代ERP。ワークフロー、通知機能、BIを装備し内部統制を支援。 会計管理から、顧客管理、購買管理、サービス、生産管理、プロジェクト管理まで、主要な業務プロセスの合理化・効率化を低価格かつ簡単な操作で実現できるクラウド型ERP。 会計/販売/購買/在庫/プロジェクト管理を標準装備し、各業務で必要な機能を網羅しているため、カスタマイズを最小限に抑え、低コスト・短期間での導入が可能なERP。 基幹系システムの保守は欠かせないものだが、コストは頭の痛い問題だ。ベンダー以外の事業者による「第三者保守」の可能性を、ユーザー企業の事例から探りたい。 会計、販売、資産、人事給与など、基幹業務全般をカバーし、豊富な機能より高い業務適合率を実現。パッケージ利用のメリットを最大限に享受できる超寿命なERP。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059603


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ