インフォアジャパン、ERPのクラウド版と移行プログラムを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インフォアジャパン、ERPのクラウド版と移行プログラムを提供


掲載日:2014/12/26


News

 インフォアジャパン株式会社は、同社の主要ERP(Infor LN/Infor M3/Infor SyteLine)をアマゾン ウェブ サービス(AWS)のクラウド上で提供を開始し、既存のオンプレミスのERPをクラウドERPに移行する「Infor UpgradeX」プログラムの提供を開始した。

 「Infor UpgradeX」では、オンプレミスのERPの資産を直接クラウド上に移行でき、システムの保有コストの削減や、サービス中断時間が短縮されることでのディザスタリカバリを図れる。クラウド版の各ERPは、「Infor 10xバージョン」に対応しているため、新しい業種別の機能や分析機能を即座に利用できる。また、クラウド版の各ERPは、予算計画を容易に立てられるサブスクリプションモデルで提供される。

 今回、提供が開始されるクラウドERPは、Infor LN(旧製品名:Baan)から移行できる「Infor CloudSuite LN」と、Infor M3(旧製品名:Movex)から移行できる「Infor CloudSuite M3」、Infor SyteLineから移行できる「Infor CloudSuite SyteLine」。なお、各ERPの1ユーザあたり最低価格は、月額約1万3000円から(利用製品・利用ユーザ数によって価格は変動する)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

無駄な投資なく競争力を強化できる「業種特化型ERP」とは 【日立ソリューションズ】 グローバルの設備も一元管理、次世代のモノづくりを後押しする設備管理・保全術 【インフォアジャパン】 原価管理システム AMMIC/NetC 【電通国際情報サービス】 GRANDIT 【双日システムズ】 BusinessACXEL 【電通国際情報サービス】
ERP ERP ERP ERP ERP
商社・卸業の業績拡大にはERP活用が必須だ。しかし導入に失敗した、運用コストが膨らみ続けたといった経験はないだろうか。業種特化型ERPが従来の課題を解消に導くだろう。 モノづくりで設備がダウンしてしまったら大きな損害だ。それを回避するために設備資産の管理・保全をする必要があるが、効率的に進めるにはどうすればいいのだろうか。 標準原価、実際原価など、製造業に不可欠な6種の原価管理機能を搭載したERPパッケージ。予算原価シミュレーション、発生要因別の原価差異分析など、様々な原価分析に対応。 基幹業務に留まらず、ワークフロー、BI、ECなどを標準機能で統合した純国産のWeb-ERP。双日システムズによるアドオンテンプレートの提供も。 SAPをクラウド上で利用できる月額利用料型サービス。クラウドサービスというTCOに優れた形態で、SAP ERPのメリットを享受できる。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059603


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ