ソニーとソニーCSL、教育サービス事業を行なう新会社を設立

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソニーとソニーCSL、教育サービス事業を行なう新会社を設立


掲載日:2014/12/26


News

 ソニー株式会社は、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)と、ネットワークを活用して教育サービス事業を行なう新会社を設立すると発表した。

 新会社の社名は株式会社ソニー・グローバルエデュケーションで、資本金は1000万円、事業開始は2015年4月1日を予定している。

 ソニーCSLでは、ソニーとのコラボレーションのもと、ネットワークサービスの研究、開発を迅速に行ない、事業化まで進めることを目的としたネットワークサービスプロジェクトを2012年に立ち上げ、その取り組みの1つとして、教育に焦点を当てたプロジェクトを発足して、その中で算数クイズアプリケーション「MathNative」や、ネット上の算数大会「世界算数」などのアプリケーションサービスを提供してきた。これらのアプリケーションサービスはソニーCSLから株式会社ソニー・グローバルエデュケーションへ事業移管される。

 「MathNative」や「世界算数」などのアプリケーションサービスは、ソニーCSLが独自開発したプラットフォーム上で機能している。このプラットフォームは算数以外にも様々な科目への拡張を前提に設計されているため、STEM科目(科学技術教育)サービスにも展開していく予定だという。

 また、新会社は企業や団体とのオープンなパートナーシップを通じた新たな教育事業モデルの構築を目指していることから、この自社プラットフォームを法人・個人を問わず柔軟に提供していくことを考えていると述べている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

Thales HSM (ハードウェアセキュリティモジュール) 【タレスジャパン】 Vormetric暗号化/トークナイゼーション 【タレスジャパン】 受注率を高めるマーケティング手法「ABM」の第一歩は、名刺データにアリ 【Sansan】 見直されるメールマーケティング、データ活用で「量より質」のメール配信を 【Sansan】 ハイパーコンバージドインフラの選び方:組織に必要な機能を見極める5つの視点 【日本ヒューレット・パッカード】
暗号化 暗号化 CRM SFA 垂直統合型システム
鍵のライフサイクル管理と暗号処理を行う製品。信頼の要となる鍵をソフトウェアから分離して強力に保護することが可能。強固な鍵管理により企業の「信頼」を守る。 ファイルサーバ・データベース・クラウドといった環境における機密情報の暗号化/トークン化ソリューション。情報漏えいを防ぎ、企業の情報セキュリティを向上する。 受注率を高めるマーケティング手法「ABM」の第一歩は、名刺データにアリ 見直されるメールマーケティング、データ活用で「量より質」のメール配信を ハイパーコンバージドインフラの選び方:組織に必要な機能を見極める5つの視点
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059593



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ