CES、名刺管理サービスでセキュアブラウザオプションをリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CES、名刺管理サービスでセキュアブラウザオプションをリリース


掲載日:2014/12/22


News

 キヤノンエスキースシステム株式会社(CES)は、クラウド型名刺管理サービス「アルテマブルー」で、株式会社ジェーエムエーシステムズ(JMAS)のセキュアブラウザ「KAITO(カイト)」をオプションサービス「KAITO for アルテマブルー」として採用し、2015年1月5日にリリースする。

 「KAITO for アルテマブルー」は、スマートデバイスにデータを残さないため端末の紛失や盗難による顧客情報の漏洩を防止できる。「アルテマブルー」にアクセスできるスマートデバイスを制限できる。従来の「アルテマブルー」の認証に加え、「KAITO」のライセンスキー認証や、クライアント証明書を利用した認証など、多要素認証に対応できる。アプリ単体で動作できるため、別途管理サーバが不要。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

顧客離反を防ぐ「Customer Experience 3.0」による収益貢献モデル 【セールスフォース・ドットコム】 統合型CRMソリューション Visionary 【フュートレック】 Microsoft Dynamics CRM 【日立ソリューションズ】 日経人事ウオッチPro 【日本経済新聞社】 フーターズに聞く、リピート顧客獲得のためのO2O戦略 【東日本電信電話】
CRM CRM CRM CRM CRM
顧客離反を防ぐ3つの方法――「Customer Experience 3.0」による収益貢献モデル 「顧客を知る」ための多彩な機能を備え、マーケティング施策の効果向上を支援するCRM(顧客管理)ソリューション。
O2Oに対応した機能により、店舗とECの統合管理が可能。
営業、サポート、マーケティングなど全社で使える統合型CRM。オンラインと設置型双方がある。新たにデジタルマーケティング機能が強化されスコアリング等ができる。 もう新聞チェックは不要、6700社・30万人のプロフィールから人事情報を自動収集 フーターズに聞く、リピート顧客獲得のためのO2O戦略

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059515


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ