エフセキュア、アンチウイルスLinuxゲートウェイ新版をリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エフセキュア、アンチウイルスLinuxゲートウェイ新版をリリース


掲載日:2014/12/17


News

 エフセキュア株式会社は、LinuxサーバOS向けゲートウェイセキュリティ対策製品「エフセキュア アンチウイルスLinuxゲートウェイ」の新バージョン「Ver5.20」をリリースした。

 「Ver5.20」では、「Ver5.10」で搭載された軽量で安全性に優れた新しいWebUIが日本語化され、設定項目として表示されていなかった項目が多数追加されている。また、Red Hat Enterprise Linux 7やCentOS 7などのディストリビューションへの対応が行なわれているほか、Red Hat Enterprise Linux 5/6、CentOS 5/6の最新マイナーアップデートのサポート対応が行なわれている。

 なお、「Ver4」シリーズはサポート終了の準備が開始され、最終版(Ver4.11/4.12)は2015年11月25日にサポート終了される予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

侵入後の被害を最小化、福井県済生会病院の医療サービスを止めない脅威対策 【トレンドマイクロ】 次世代マルウェア対策「CylancePROTECT(R)」 【日立ソリューションズ】 ランサムウェア対策ソフト 「AppCheck」 【JSecurity】 エンドポイントセキュリティに投資すべき理由、ウイルス対策ソフトとの違いとは 【日立システムズ】 EDRと次世代アンチウイルスを統合、運用負荷も解消する統合エンドポイント防御 【日立システムズ】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
侵入後の被害を最小化、福井県済生会病院の医療サービスを止めない脅威対策 AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 ランサムウェア対策に特化し、未知のランサムウェアの攻撃からPCを防御するセキュリティソフトウェア。無料評価版ダウンロードにより試用もできる。 攻撃者視点で考える、エンドポイントセキュリティへの投資効果 EDRと次世代アンチウイルスを統合、運用負荷も解消する統合エンドポイント防御

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059436


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ