ワークス、レスポンスと利便性の向上を図ったクラウドERPを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ワークス、レスポンスと利便性の向上を図ったクラウドERPを発売


掲載日:2014/12/17


News

 株式会社ワークスアプリケーションズ(ワークス)は、レスポンスと利便性の向上を図ったクラウドネイティブのERPシステム「HUE」を2015年春に発売し、同年中に納品を開始する(予定)。

 「HUE」は、“業務から入力をなくす”ことや、現場オペレーション担当者の業務効率化とルーチン業務の削減を目指して開発された。迅速さと入力の省略、利便性を追求することで業務効率を向上し、オペレーション担当者が思考・創造・決断に注力できるようにサポートする。

 分散型DB・分散処理の採用により、高速化と利便性の向上を図っているほか、クラウドが備える柔軟性を活用し、人と人、人と情報資産、情報資産と情報資産を結びつけ、業務効率化・資産最大化を支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

カスタマイズはERP運用の必要悪か? 運用コストを最小化するハイブリッドERP 【SCSK】 ERP導入事例:経験ゼロでも短期間でグローバル経営管理を実現できた理由とは? 【ネットスイート】 IFS Applications 製造業向けソリューション 【IFSジャパン】 海外進出企業の4大課題を解消――リスクとコストを抑える基幹システムの選び方 【ネットスイート】 GRANDIT 【双日システムズ】
ERP ERP ERP ERP ERP
カスタマイズはERP運用の必要悪か? 運用コストを最小化するハイブリッドERP ERP導入事例:経験ゼロでも短期間でグローバル経営管理を実現できた理由とは? 各種製造業(組立型/プロセス型)やエンジニアリング業向けERP。様々な生産方式、複数拠点管理、多言語に対応。プロジェクト管理も充実。随時拡張可能なコンポーネント型。 海外進出企業の4大課題を解消――リスクとコストを抑える基幹システムの選び方 基幹業務に留まらず、ワークフロー、BI、ECなどを標準機能で統合した純国産のWeb-ERP。双日システムズによるアドオンテンプレートの提供も。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059426


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ