ADC、SSDに対応した手のひらサイズのデータ消去機器を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ADC、SSDに対応した手のひらサイズのデータ消去機器を発表


掲載日:2014/12/16


News

 アドバンスデザイン株式会社(ADC)は、SSDに対応したデータ消去ソフトウェアを搭載した、手のひらサイズの機器「DataSweeper2 Handy(型式:DSH-2000S)」を発表した。

 「DataSweeper2 Handy」は、1回の操作で、複数の混在したHDD/SSDを自動識別し、同時に並列消去できる。また、セキュア消去時、対象PCのフリーズ状態を自動解除し、次回以降に同様のPCをセキュア消去する際には、適切な解除手順を自動選出して実行できる。簡易S.M.A.R.T診断機能なども備えている。

 高信頼のデータ消去方式である世界標準規格8消去方式を含む全20消去方式を標準搭載している(NSA方式、DoD5220.22-M方式、00書込み(NIST800-88)など)。また、消去済みPCの再起動時に消去結果画面を表示できる機能(アフターチェック機能)や、消去証明書発行機能、消去作業リスト一覧表作成機能などによって、様々な消去証跡を残すこともできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

MDMの不足をどう補う? モバイルセキュリティに必須の補完テクノロジーを解説 【シトリックス・システムズ・ジャパン】 これからのインフラ構築の“新標準”、「高セキュリティHCI」を解剖する 【トレンドマイクロ株式会社】 超高速秘密分散ソリューション 「SYMPROBUS Divide API」 【アクモス】 デバイスの利用禁止/接続先ネットワークの制限 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】 ビジネスの成長を加速するデジタルワークスペースの作り方 【ヴイエムウェア】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
MDMの不足をどう補う? モバイルセキュリティに必須の補完テクノロジーを解説 これからのインフラ構築の“新標準”、「高セキュリティHCI」を解剖する 電子ファイルを解読不能な断片に超高速で分散するクラウドAPIサービス。暗号化とは異なり、断片ファイルが漏えいしても解読は不可能。DR対策や複数人認証にも応用できる。 スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限
Wi-Fi制御、VPN利用の強制
マルウェア対策製品と連携し、感染PCのネットワーク通信を自動遮断、感染拡大を防止
IT技術者への人材ニーズが高まる一方で労働人口は減少へ向かう。人材獲得のためにも働き方改革は必須だ。組織風土とITの両面から、働き方改革を成功に導くポイントを探る。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059410


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ