NTTデータGSL、Next Generation R&Dセンターを開設

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTデータGSL、Next Generation R&Dセンターを開設


掲載日:2014/12/16


News

 株式会社NTTデータグローバルソリューションズ(NTTデータGSL)は、SAPジャパン株式会社のSAPグローバル共同開発センターSAP Co-Innovation Lab Tokyo(COIL Tokyo)内に、NTTデータGSL専用の“Next Generation R&Dセンター”を開設したと発表した。

 NTTデータGSLは、SAPソリューションの導入・運用をサポートする企業で、これまで同社とSAPジャパンは、インメモリコンピューティング技術を用いて超高速処理を行なうSAP HANAに関するパフォーマンス検証や移行時の影響度調査といった基盤領域から、自動車部品産業向けグローバルテンプレート開発などのアプリケーション領域まで、共同活動を続けてきたという。

 しかし、企業買収などを通じてSAPが提供する製品ポートフォリオが拡張していることから、利用企業にこのポートフォリオを理解してもらったり、導入前にイノベーション技術に触れて実効性を検証したりする必要性が高まってきた。そこで今回、両社の協業をより強化すべく、SAPジャパンのCOIL Tokyo内に“Next Generation R&Dセンター”を開設した。

 同R&Dセンターでは、NTTデータGSLがこれまで開発したSAP製品のベストプラクティスに基づいたソリューションに加えて、これから同社がSAP Fiori、hybris、SAP Simple Financeなどを基に開発するソリューションテンプレートを、SAP HANA上で稼働させるためのデモ環境を提供すると述べている。これにより、ユーザはSAPソリューションのパフォーマンスや操作性を導入前に試用し、評価することができる。また、既存システムのSAP HANAへの移行などの際に必要となる既存アドオンプログラムのパフォーマンスなども、実際のユーザのデータを基に同R&Dセンターにて評価・検証する予定であるという。

 SAPジャパンは、これら運営をサポートするため、NTTデータGSLに対して、同R&Dセンターで検証を行なう製品に関する技術情報の提供を行なうと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

テキストマイニングツール「Text Mining Studio」 【NTTデータ数理システム】 汎用データマイニングツール「Visual Mining Studio」 【NTTデータ数理システム】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS 4.0」 【ジャストシステム】 Rユーザー向け分析プラットフォーム 「Visual R Platform」 【NTTデータ数理システム】 11社の事例で解説、ワークスタイル変革を実現する秘訣 【富士通】
BI BI サーバー管理 データ分析ソリューション VDI
日本発のテキストマイニングツール。簡単な操作で本格的なテキストマイニングが可能。日本の企業文化に即した多彩な機能を搭載している。 日本発の本格汎用データマイニングツール。データ処理の流れをアイコン表示する直感的でビジュアルプログラミング環境を提供。1000万件以上のデータにも余裕で対応する。 肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」するシステム。アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化する機能も有する。 R言語が持つ多くの統計手法を、簡単なマウス操作で実行できる汎用の統計解析ツール。統計解析に必要なデータの前処理から、集計・分析まで、高機能な解析環境を提供。 11社の事例で解説、ワークスタイル変革を実現する秘訣
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059395



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ