事例:双日システムズ、島忠のPC統合管理にVMware Mirageを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:双日システムズ、島忠のPC統合管理にVMware Mirageを導入


掲載日:2014/12/16


News

 双日システムズ株式会社は、株式会社島忠のPC統合管理基盤として、ヴイエムウェア株式会社の「VMware Mirage」を導入したと発表した。

 「VMware Mirage」は、イメージの統合管理/最新OS移行の自動化/ハードウェアの移行/端末の修復・保護(バックアップ及びディザスタリカバリ)などの機能を備えたPC統合管理ツール。

 島忠では、約70拠点・1100台の業務PCの管理を初めとしたIT関連業務を数名の情報システム室要員で担当しており、業務システムの安定稼働と情報システム室の負荷軽減が課題だったという。特に全国に点在する拠点の業務PCは、問い合わせ対応やカード決済・会計処理など、顧客対応に直結する業務基盤であり、運用管理体制の充実が求められていたとしている。

 今回、本部から効率的に業務PCを管理する手法、体制を検討していく中で、リモートでのPCの統合管理や自動バックアップ機能に加え、マイグレーションなどにも対応する「VMware Mirage」の汎用性が評価され導入が決定し、双日システムズが設計と導入を支援したと伝えている。

 業務PCの管理業務の中でも、従来は障害発生時に情報システム室要員が各拠点まで足を運ぶ必要があったPCリカバリ作業は、同ツールの自動バックアップ機能により、保存されたPC全体のスナップショットからデスクトップをすぐにリストアすることで、従来の10分の1以下の時間で復旧が可能になったと述べている。

 また、レイヤー管理機能を活かして全社共通に利用するOSやアプリケーションはベースレイヤーで、ユーザの個別プロファイルやデータなどはユーザレイヤーとして管理することで、共通環境の変更を個々のユーザに影響を与えずに運用負荷を軽減したと伝えている。

 今後は、バイヤーが使用するモバイルPC内の契約書類や交渉内容などのデータについても同ツールの自動バックアップ機能で保存し、モバイルPCに障害が発生した場合でも短時間で復旧できる環境を構築して、BCP対策を強化するように計画していると述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

仮想化インフラの一元管理を支援する「Red Hat Satellite」 【サイオステクノロジー株式会社】 BCPの復元力を検証する「レジリエンシーフレームワーク」とは? 【日本アイ・ビー・エム】 IT運用改善の第一歩、現在の課題が分かるプロセス管理術 【日本電気】 Microsoftが教える、理想のクライアント環境を実現する12の条件 【日本マイクロソフト】 運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
「クラウド指向」の影と希望 運用管理とセキュリティ対策を考える 地震、雷、火事、情シス――災害対策は検証して初めて役に立つ IT運用改善の第一歩、現在の課題が分かるプロセス管理術 Microsoftが教える、理想のクライアント環境を実現する12の条件 システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059391


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ