ATW、秘密分散法によるセキュリティアプライアンスサーバを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ATW、秘密分散法によるセキュリティアプライアンスサーバを出荷


掲載日:2014/12/15


News

 株式会社エーティーワークス(ATW)は、株式会社シンクライアント・ソリューション総合研究所(TCSI)の秘密分散ソリューション「PASERI(パセリ)」を搭載したアプライアンスサーバ「Blessta(ブレスタ)」の出荷を2015年1月(予定)に開始する。価格は1台500万円。

 「Blessta」は、秘密分散法によりサイバー攻撃から情報を保護するためのアプライアンスサーバ。CPUにXeon E3-1265L V3.2(2.50GHz)を採用し、16GBのメモリ、120GBの2.5インチSSD2台を搭載。OS等には、CentOS 6.5(Final)、Linux 2.6.32-431.el6_x86_64(64ビット)、GNOME 2.28.2を搭載することができる。また、総容量や利用シーンによっては上位機種、もしくはカスタマイズも対応可能となっている。

 「PASERI」は、情報をいくつかに分割し、それぞれは意味のない情報として分散管理し、すべてが集まらないとデータを復元できない秘密分散法によるソリューション。ある程度以上のビットが欠けると元データへの復元が不可能になるデータ変換方式“AONT方式”を採用し、断片ファイルのサイズの可変性、閾値分散を可能としている。

 これにより、1片を1KBまで小さくすることができ、出力データのすべてのビットがそろっていれば容易に元データに復元可能。処理前後のデータ量は1ファイルごとに768バイト増えるのみに抑えているため、処理速度にも優れる。最後の一片を外部記憶媒体で保管することもでき、セキュリティ強度を高めることができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 1台:500万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

Linuxサーバデータ暗号化ソリューション SERVER GENERAL 【ソフトエイジェンシー】 ファイルの暗号・持出し管理「NonCopy 2」 【サイエンスパーク】 Vormetric暗号化/トークナイゼーション 【タレスジャパン】 HDD暗号化ソリューション「SecureDoc マネージドサービス」 【NECキャピタルソリューション】 フルディスク暗号化ソリューション:SecureDoc 【ウィンマジック・ジャパン】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
導入も簡単で透過的な、Linuxサーバデータ暗号化ソリューション。
鍵管理や権限別アクセス管理などが容易に実現でき、情報セキュリティの運用負荷を大幅に軽減する。
サーバやPC内に「金庫(安全な領域)」を作ることで、不正なファイルの持ち出し行為を禁止。USBメモリ、スマートフォン、タブレットなど多様な外部デバイスを制御できる。 ファイルサーバ・データベース・クラウドといった環境における機密情報の暗号化/トークン化ソリューション。情報漏えいを防ぎ、企業の情報セキュリティを向上する。 HDD暗号化のクラウドサービス移行で、運用工数もコストも削減! OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059367


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ