提携:SCSK、NECと協業しメインフレーム向け仮想テープ装置発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:SCSK、NECと協業しメインフレーム向け仮想テープ装置発売


掲載日:2014/12/11


News

 SCSK株式会社は、日本電気株式会社(NEC)のグリッド・ストレージ技術をベースとした重複排除ストレージ「iStorage HS」シリーズと、米国Optica Technologies Incorporatedが開発した仮想テープ装置コントローラ「zVT」を組み合わせて、信頼性と拡張性に優れ、低コストのバックアップ環境を提供するメインフレーム向け仮想テープ装置「HSVT3」を発売した。

 「HSVT3」では、テープ装置使用時の運用を変えずに、高速にデータを処理できるディスクストレージのメリットを活かせる。また、データのバックアップやアーカイブの用途で、データ圧縮・重複排除機能によってディスク容量の効率化を図れる。これにより、テープライブラリ並みの低コストを可能にしている。

 レプリケーション機能を備えていて、暗号化したデータを遠隔地のバックアップセンタへ転送することで、機器障害が発生した場合でもデータの消失を防げる。従来の搬送方式によるテープの盗難・紛失リスクを避けて、安全で高速な災害対策を図れる。また、メインフレーム環境に加え、オープンシステム環境のデータバックアップにも利用できるため、プライベートクラウド基盤の統合バックアップストレージとしても利用できる。


出荷日・発売日 2014年12月10日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059315


IT・IT製品TOP > バックアップ > テープバックアップ > テープバックアップのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ