東芝、小さな文字の手書きも可能なWindowsペンタブレットを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


東芝、小さな文字の手書きも可能なWindowsペンタブレットを発売


掲載日:2014/12/09


News

 株式会社東芝は、“アクティブ静電結合方式”を採用し、太さ約0.2mmの線で小さな文字を書けるアプリケーション「Tru(トゥルー)」シリーズを搭載したWindowsペンタブレット「dynabook Tab」シリーズ3モデルを、12月下旬から順次発売する。価格はいずれもオープン価格。

 今回発売されるのは、広視野角の10.1インチWXGA液晶(1280ドット×800ドット)や64GBフラッシュメモリを採用した「dynabook Tab S80/NG」、更にBluetoothキーボードを付属した「dynabook Tab S90/NG」、8.0インチWXGA(800ドット×1280ドット)液晶を採用した薄型・軽量モデル「dynabook Tab S68/NG」の3モデル。

 いずれも、株式会社ワコムが開発した“アクティブ静電結合方式”のペン入力技術と、ペン先位置を正確に検知する技術などを採用することで、小さな文字でもペン先とのずれを抑えて書くことを可能にした。また、「Microsoft Office Home&Business 2013」と、手書きノートアプリ「TruNote」、キャプチャアプリ「TruCapture」、ボイスレコーダアプリ「TruRecorder」の、「Tru」シリーズ3種のアプリケーションを搭載している。

 「TruNote」は、電源投入後すぐに起動する手書きノートアプリ。最大100万ページ分のノート(ノート最大1000冊×各ノート最大1000ページ)を保存でき、書き込んだ文字や図形を手書きで検索することもできる。

 「TruCapture」は、本体に内蔵されたカメラで撮影することで、ホワイトボードや配布資料の画像を自動的に補正して取り込むことができる。これらのアプリケーションは、Office 2013と連携し、手書きの図形や表をOffice形式へ変換して貼付することもできる。

 「TruRecorder」は、録音した会議音声を話者ごとに再生する機能を備えている。本体内蔵の2つのマイクにより録音した音声から、最大10人まで話し手を識別可能。録音データ再生時に、話し手ごとに色分けされて表示されるほか、特定の話し手の発言のみの再生や、再生スピードの変更もできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「タブレット」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「タブレット」関連情報をランダムに表示しています。

「タブレット」関連の製品

タブレットの業務利用、活用成功に導く情報武装の5つのオキテ 【インフォテリア】 5年間で3割のコスト削減、焼津市役所のタブレット活用に学ぶ業務改革 【富士通】 重要情報をスマホで社内に確実に伝えるツールの条件とは 【インフォテリア】 地銀の機動力とセキュリティを両立した、タブレット2000台導入プロジェクト 【富士通】 スタッフ研修のコストを削減、自主学習を促す仕組みの作り方 【インフォテリア】
タブレット タブレット タブレット タブレット タブレット
求められる営業・販売現場へのタブレット導入――真価を発揮する活用方法は 市役所事例 紙文化が定着した官公庁でもタブレットは受け入れられるのか? “伝わらない”情報共有はなぜ起こる? 事例に学ぶスマホ活用術 銀行が安全とともに、機動力を手に入れる――タブレット活用 最前線 スタッフ研修のコストと時間を削減、空き時間の自主学習を促す仕組みの作り方

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059252


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > タブレット > タブレットのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ