INTEC、暗号化通信SHA-2対応のパブリックWebサーバー証明書提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


INTEC、暗号化通信SHA-2対応のパブリックWebサーバー証明書提供


掲載日:2014/12/08


News

 株式会社インテック(INTEC)は、ハッシュ関数アルゴリズム“SHA-2”に対応したパブリックWebサーバー証明書の提供を12月26日に開始する。

 “SHA-2”は、任意長の原文から固定長の特徴的な値であるハッシュ値を求める計算手順(アルゴリズム)の標準規格の1つ。ハッシュ値の長さは224/256/384/512ビットであり、“SHA-1”の160ビットに比べセキュリティ強度に優れている。

 同社では、現在Webサーバ証明書のハッシュ関数アルゴリズムには“SHA-1”が多く利用されるているが、今後より安全性の高い暗号化通信を行なうために“SHA-2”への移行が推奨されているとして、同社の「EINS/PKI+パブリック証明書発行サービス」で、12月26日から“SHA-2”に対応したパブリックWebサーバー証明書の提供を開始する。なお、現在提供している“SHA-1”のパブリックWebサーバー証明書の申請受付は2015年12月末に終了する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

ディスク暗号化製品をどう選ぶ? Windows 10へ移行する前に考慮すべき点とは 【NECキャピタルソリューション】 フルディスク暗号化ソリューション:SecureDoc 【ウィンマジック・ジャパン】 ファイルの暗号・持出し管理「NonCopy 2」 【サイエンスパーク】 ファイル暗号化ソフト CyberCrypt Ver.4.2(Windows10対応) 【オーク情報システム】 個人情報検出・暗号化ソリューション 【ネスコ】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
顧客の開発情報を扱うためPCにディスク暗号化を導入していたAVCマルチメディアソフトは、Windows 10の大型アップデートが自社に大きな影響を与えると気付く。選んだ道は。 OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。 サーバやPC内に「金庫(安全な領域)」を作ることで、不正なファイルの持ち出し行為を禁止。USBメモリ、スマートフォン、タブレットなど多様な外部デバイスを制御できる。 ファイル・フォルダ単位の暗号化ソフト。監査や緊急時には企業で1つ所有する「マスターキー」で復号できる。鍵管理サーバによる運用・管理は不要。 マイナンバーや個人情報を検出する「P-Pointer」と、ハイレベルのセキュリティを実現するDRM製品「DataClasys」とを組み合わせたソリューション。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059248


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ