網屋、台湾政府経済部主催IPO Awards 2014で受賞

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


網屋、台湾政府経済部主催IPO Awards 2014で受賞


掲載日:2014/12/08


News

 株式会社網屋は、台湾経済部が主催する“IPO(国際調達拠点)Awards 2014”(電子情報システム国際パートナー実績優秀企業表彰)で、“戦略優秀パートナー賞(Strategic point of light partners)”を受賞したことを発表した。

 日本の経済産業省に相当する台湾経済部が主催する“IPO Awards”は、台湾国内の電子・情報システム産業の発展に対する、関連外国企業の貢献を讃えるための制度で、“技術付加価値パートナー”“ソフトウェアインテグレーションパートナー”など6つのカテゴリーから構成されているという。

 経済部は2012年から、同アワードのモデルチェンジを図り、台湾と外国企業の関係をこれまでのようなハードウェアの調達のほか、“ソフトウェアシステム”“システムインテグレーション”“アプリケーションサービス”など多元的なパートナーシップへと徐々に発展させていると伝えている。

 今年は、外国企業18社にアワードを授与し、HP、Dell、Panasonic、TDKソフトウェアシステム代表社、ARM、Microsoft、Google、Synopsys、網屋、台灣角川社などが、受賞標準である“台湾IT産業の購買金額の継続的な成長、就職率の貢献、国際力向上への貢献、及び、政府重要政策への支援度など”により受賞したと述べている。

 なお、今回の網屋の受賞は、日台ソフトウェアベンダーのビジネスマッチングや、企業交流支援活動が評価されたことによるものだとしている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

パブリッククラウドのセキュリティは大丈夫? 【F5ネットワークスジャパン】 先進企業がクラウドサーバとしてIBM z Systemsを活用する理由 【日本アイ・ビー・エム】 Google、Androidスマートフォン向けVRプラットフォーム「Daydream」発表 【KDDI】 山小屋にも快適な通信環境を――「富士山 Wi-Fi」実現の舞台裏 【KDDI】 「データローミング=怖い」を解消したい――KDDIに聞く「世界データ定額」 【KDDI】
統合運用管理 プライベートクラウド スマートフォン 無線LAN モバイル通信サービス
クラウド運用負荷を極限まで軽減、シンプルな管理を可能にする5つの優れた機能 先進企業がクラウドサーバとしてIBM z Systemsを活用する理由 Google、Androidスマートフォン向けVRプラットフォーム「Daydream」発表 山小屋にも快適な通信環境を――「富士山 Wi-Fi」実現の舞台裏 「データローミング=怖い」を解消したい――KDDIに聞く「世界データ定額」
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059237



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ