富士通、大容量コンテンツの保管に適したストレージを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、大容量コンテンツの保管に適したストレージを提供


掲載日:2014/12/08


News

 富士通株式会社は、大容量コンテンツの保管に適したストレージ「FUJITSU Storage ETERNUS CD10000」の提供を12月22日に開始する。価格は、最小構成の場合で4409万7000円から。

 「ETERNUS CD10000」は、ディスクとコントローラを組み合わせたノードの追加により、最大224ノード・56PBまでスケールアウト可能で、ドキュメントや画像、動画といった参照を主としたコンテンツのデータ格納に対応している。システムを停止させずにノードの増設が可能で、処理量の増加に応じて柔軟かつタイムリーにシステム拡張を行なえる。

 分散ファイルシステムのオープンソース・ソフトウェア「Ceph」を採用することで、ノード間でデータを冗長化し、優れた可用性を提供するとともに、特定のノードに負荷が集中しないように自動でデータを分散配置する。これにより、従来のRAIDを利用した冗長化で求められる設計作業が不要になり、大容量コンテンツの容易な保管が可能になる。同ソフトウェアによる分散ファイルシステムは構成変更時のデータ移動を最小限に抑えているため、全体を再構成する一般的な分散ファイルシステムに比べて性能影響を低減できる。

 ハードウェア交換時に、旧ノードから新ノードに順次入れ替えることで、システムを停止せずに新ノードへのデータ移行を行なえる。ノード構成の変更に応じて、コントローラがデータの冗長性を自動復元し負荷分散を自動で調整するため、従来型のストレージの場合とは違って、ハードウェア交換にともなうデータ移行で長時間のシステム停止や煩雑な移行作業は不要になる。

 コンテンツに固有のIDを付与し属性情報とともに管理する、オブジェクトアクセス方式に対応していて、データ種別や保存期間、複製ポリシーなどの属性情報に基づいた、柔軟なコンテンツ管理を行なえる。データを一定サイズのブロック単位で読み書きするブロックアクセス方式もサポートしており、用途に応じてアクセス方式を選択できる。また、オープンソース・ソフトウェア「OpenStack」をサポートしているため、同ソフトウェアで構築・運用するプライベートクラウド基盤のストレージとして利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 最小構成:4409万7000円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

ストレージ6社のパネル討論でホンネが見えた、オールフラッシュの今 【伊藤忠テクノソリューションズ】 Yahoo! Japanが200以上の重要DBをオールフラッシュに移行 【日本アイ・ビー・エム】 ストレージの「信頼性」、ここまで徹底している「止まらない」ための取り組み 【伊藤忠テクノソリューションズ】 実は間違い「企業とシステムの規模は比例する」そのワケは? 【日本アイ・ビー・エム】 スバル「アイサイト」開発に不可欠な走行データを管理するストレージとは 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
ストレージ6社のパネル討論でホンネが見えた、オールフラッシュの今 Yahoo! Japanが200以上の重要データベースをオールフラッシュに移行 ストレージの「信頼性」、ここまで徹底している「止まらない」ための取り組み 実は間違い「企業とシステムの規模は比例する」そのワケは? スバル「アイサイト」開発に不可欠な走行データを管理するストレージとは

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059229


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ