日本オラクル、高速分析専用マシンの新版を提供、導入支援も提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本オラクル、高速分析専用マシンの新版を提供、導入支援も提供


掲載日:2014/12/03


News

 日本オラクル株式会社は、ビジネス・インテリジェンスや統合業績管理アプリケーション用に高性能な分析処理機能を提供するように設計された、高速分析専用マシンの新版「Oracle Exalytics In-Memory Machine X4-4」の国内提供を開始した。

 「Oracle Exalytics In-Memory Machine」は、ビジネス・インテリジェンス・ソフトウェアとインメモリ分析ソフトウェア、ハードウェアを最適化したエンジニアド・システムズで、ビッグデータの分析性能に優れている。

 今回の新版では、オラクルのエンジニアド・システム用に特化して設計されたXeon E7-8895 v2シリーズのプロセッサ4個を搭載し、ハードウェア機能が強化されている。同プロセッサの周波数やコア数をダイナミックに拡張し、オラクルのソフトウェア性能を最大化して、シングルスレッドのパフォーマンス高速化と大規模な並行処理が求められるビジネス・アナリティクス・アプリケーションの処理に対応する。また、マシン1台当たり最大3TBのメモリを搭載でき、分析データマート全体をメモリに格納することで、高速な分析を行なえるほか、最大4.8TBのPCIeフラッシュメモリ、7.2TBのHDD容量をサポートしている。

 「Oracle Exalytics」の様々な機能が、「Oracle Database In-Memory」に対応した。マシン1台当たり最大3TBのメモリと合わせて、データマート全体をメモリ上に格納でき、ハードウェアを含むシステム全体の更改不要で、高速な分析処理を提供する。また、ハードウェアとソフトウェアがあらかじめ最適化されているため、ハードウェアの性能を最大限に利用できる。

 同マシンの提供に合わせ、ビジネス・アナリティクス導入を支援するサービスとして、バックアップ・監視などを含めた大規模分析基盤の円滑な導入・運用を支援する「Technical Support Service for Exalytics」や、既存のデータ管理・分析環境での課題解決に向けたアーキテクチャやロードマップの策定を支援する「Oracle Architecture Insight for EIM/Big Data & IoT」を提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059154


IT・IT製品TOP > 仮想化 > 垂直統合型システム > 垂直統合型システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ