SBM、SoftBank 4G LTE対応のAndroid 4.4搭載タブレットを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SBM、SoftBank 4G LTE対応のAndroid 4.4搭載タブレットを発売


掲載日:2014/12/01


News

 ソフトバンクモバイル株式会社(SBM)は、Android 4.4(KitKat)を搭載したタブレット「MediaPad 10 Link+ SoftBank 402HW」(HUAWEI製)を、法人向けに12月上旬以降に発売する。価格はオープン価格。

 「MediaPad 10 Link+ SoftBank 402HW」は、“SoftBank 4G LTE”に対応していて、対応エリアで下り最大112.5Mbpsの通信が可能。通信方式として、国内/海外でW-CDMA方式(900MHz/2.1GHz)とFDD-LTE方式(1.7GHz/2.1GHz)に対応し、更に海外ではGSM方式(850MHz/900MHz/1800MHz/1900MHz)にも対応している。本体は幅約257mm×高さ176mm×厚さ9.9mm/約640gで、10.1インチIPSディスプレイ(1280×800ドット)を搭載。クアッドコア1.6GHz/Hisilicon Kirin 910 CPU、ROM 8GB/RAM 1GBのメモリ、容量6020mAhのバッテリを搭載し、連続待受時間はW-CDMA網/FDD-LTE網/GSM網でそれぞれ約700/約600/約700時間となっている。

 モバイルカメラはメイン300万画素/サブ30万画素(いずれもCMOS)で、無線LANはIEEE802.11 b/g/n(2.4GHz)、BluetoothはVer.4.0に対応しているほか、外部メモリとして最大32GB(推奨)のmicroSDカードを搭載できる。なお、利用可能な料金プランは、“スマ放題「法人タブレットプラン」”となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「タブレット」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「タブレット」関連情報をランダムに表示しています。

「タブレット」関連の製品

5年間で3割のコスト削減、焼津市役所のタブレット活用に学ぶ業務改革 【富士通】 タブレット導入で店舗を情報武装 接客力向上のノウハウを紹介 【インフォテリア】 シニア層も事業者も簡単に始められる、タブレットでICTサービス 【東日本電信電話】 タブレットの業務利用、活用成功に導く情報武装の5つのオキテ 【インフォテリア】 重要情報をスマホで社内に確実に伝えるツールの条件とは 【インフォテリア】
タブレット タブレット タブレット タブレット タブレット
5年間で3割のコスト削減、焼津市役所のタブレット活用に学ぶ業務改革 タブレット導入で店舗を情報武装 接客力向上のノウハウを紹介 高齢者に寄り添ったビジネス展開の新たなる武器 かんたんタブレットの実力は? タブレットの業務利用が本格化 営業活用を成功に導く情報武装の5つのオキテ “伝わる”情報共有をスマホで実現 重要情報を確実に伝えるツールの条件とは

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059070


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > タブレット > タブレットのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ