提携:CSE、CP-SOLらと協業しワンタイムパスワードを中国で提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:CSE、CP-SOLらと協業しワンタイムパスワードを中国で提供


掲載日:2014/11/28


News

 株式会社シー・エス・イー(CSE)は、同社と株式会社クロスポイントソリューション(CP-SOL)、ユニアデックス株式会社が、CSEが開発したワンタイムパスワード「SECUREMATRIX」の中国での提供で協業すると発表した。

 「SECUREMATRIX」は、2要素・多要素の認証が可能なワンタイムパスワードシステム。認証方式は“マトリクス認証”を採用している。64個の数字が並ぶマトリクス表から数字を選ぶ際の位置と順番がパスワードになり、マトリクス表の数字がアクセスのたびにランダムに表示されることでワンタイムパスワードを可能にする。また、通信は独自の特許技術を用いた“シード方式”を採用しており、通信経路上からマトリクス表やパスワードそのものを入手することができないため、安全性を保つことができる。

 今回、CSE、CP-SOL、ユニアデックスの3社(各中国現地法人を含む)は協業関係を結び、それぞれの強みを活かして、中国に進出している日系企業を対象として、日本品質のセキュリティサービスを提供し、セキュリティ脅威に対する安心・安全を支援すると述べている。

 中国向けサービスでは、同システムのオールインワンモデルが中国国内にて仮想サーバ環境をキッティングした上で提供されると伝えている。なお、ユーザによる暗号化製品利用申請が必要で、申請代行も行なうとしている。また、RADIUSログオン・クラウドログオン・デスクトップログオン・モバイルデバイスでの認証など、日本国内と同じように様々な認証シーンに対応するほか、日本語・中国語による問い合わせ対応を含めた保守サポートも提供すると伝えている。

 主な協業内容は、CSEが同システムのライセンス提供を行ない、CP-SOLは輸出手続きを行なうとしている。また、CP-SOLの子会社でありCSEの出資会社である大連信思泰科技有限公司は、中国国内での保守サポート業務と暗号化製品利用申請代行業務を担当し、ユニアデックスの中国子会社は、中国国内でのオールインワンモデルキッティング業務及びオールインワンサーバーHW保守サポートを行なうと伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ジョブカン勤怠管理 【Donuts】 稟議・回覧クラウド 承認Time 【SBIビジネス・ソリューションズ】 ファイルサーバスリム化 「活文 File Server Optimizer」 【日立ソリューションズ】 セルフサービスBI 軽技Web 【富士電機】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】
勤怠管理システム ワークフロー サーバー管理 BI 開発ツール
シフト管理と勤怠管理の業務を効率化し、不正のない打刻による厳密な出退勤管理を可能にするなど、様々な機能を提供するシフト管理・勤怠管理ソリューション。 稟議、捺印申請をはじめ、社内文書をWeb上で申請・承認できるワークフロー・クラウドサービス。複数承認ルートや項目の自由設定、一斉報告フローなどの設定が可能。 ファイルサーバの状況を可視化し、不要ファイル候補をピックアップ。
不要ファイルの削除によりファイルサーバの増設を抑止。
ファイルの自動分類・検索で業務効率を向上。
導入企業900社。社内のデータベースに蓄積された販売管理、生産管理などの業務システムの情報活用から帳票出力まで、セルフサービス型BIツールでデータ分析を促進。 専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059055



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ