DNP、色味の再現性を重視したタブレット端末を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DNP、色味の再現性を重視したタブレット端末を発売


掲載日:2014/11/28


News

 大日本印刷株式会社(DNP)は、企業や教育機関、美術館など向けに、“色味(いろみ)”の再現性を重視したオリジナルタブレット端末2機種「FGAD」「UY8A」を12月(予定)に発売する。価格はオープン価格。

 「FGAD」「UY8A」では、ディスプレイで実物に合わせた色再現を目指した、台湾のQuanta Computer Inc.(クァンタ)と共同開発したカラーマネジメント用LSI“IROMIエンジン”を搭載している。同エンジンは、実際の商品とディスプレイに表示する商品写真の色を揃える“色補正・調整”と、白飛び・黒つぶれした画像の視認性を上げる“コントラスト調整”、色調の変化を抑えてブルーライトを低減する“ブルーライト調整”の3つの機能を備えている。

 「FGAD」は10.1インチWXGAディスプレイを、「UY8A」には8インチXGAディスプレイを搭載している。いずれも、商品や各種資料などの実物に近い色を再現できることから、電子カタログなどの企業の販促ツールや、学校・教育機関や美術館などの教材、資料などへの活用が想定されている。

 DNPでは、同社が培ってきたカラーマネジメント技術によるトータルカラーマネジメントソリューション「IROMI」を発表。ルーヴル美術館で8種の鑑賞システムの色再現性の向上に活用された技術も、取り込まれている。“IROMIエンジン”搭載の法人向けタブレット端末は、この「IROMI」の第1弾製品として発売される。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「タブレット」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「タブレット」関連情報をランダムに表示しています。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059047


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > タブレット > タブレットのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ