サーバーワークス、AWS上での事業継続ソリューションを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サーバーワークス、AWS上での事業継続ソリューションを発表


掲載日:2014/11/27


News

 株式会社サーバーワークスは、日本電気株式会社(NEC)が提供する高可用性ソフトウェア「CLUSTERPRO」をアマゾン ウェブ サービス(AWS)上で展開するソリューションを発表した。

 今回発表されたソリューションは、業務系・基幹系システムをAWSへ移行するプロジェクトが増加していることを受け、より高い可用性要件、事業継続(BCP/DR)をAWS上で提供する。

 AWSが標準で提供する同一リージョン内での冗長構成(Multi-AZ)を構築する、リージョンをまたいだ冗長構成にするといったニーズに対応するために、同社のAWS運用の自動化サービス「CLOUD AUTOMATOR」と、NECが提供する「CLUSTERPRO」を組み合わせ、リージョンをまたいだ冗長構成を、適切な費用で容易に構築できるソリューションが提供される。

 「CLOUD AUTOMATOR」を使用することで、“あらかじめ設定されたスケジュールに従って、同期を行なうタイミングだけ待機系を立ち上げる”ことができるため、使用しない時間帯にサーバーを停止させ、コスト効率に優れたリージョン間の冗長構成を構築できる。

 これらにより、ユーザは、同期を行なうタイミングを「CLOUD AUTOMATOR」で指定でき、災害対策(DR)で計画が必要なRPO(目標復旧時点)をユーザ自身が容易にスケジュールできる。また、必要なリージョン間のデータ同期を差分で行なえ、AWSの全世界11ヵ所のリージョンを有効活用し、複数のリージョンにまたがる災害対策を現実的なパフォーマンスで行なえる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059028


IT・IT製品TOP > バックアップ > その他バックアップ関連 > その他バックアップ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ