エイネット、PC・スマホ等向けテレビ会議モジュールの組込を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エイネット、PC・スマホ等向けテレビ会議モジュールの組込を発売


掲載日:2014/11/26


News

 エイネット株式会社は、マルチプラットフォームに対応でEC(E-commerce)サイトやグループウェア、ビジネスアプリケーション向けの、同社が開発したテレビ電話/会議モジュールの組み込みを行なう「FreshVoiceテレビ会議/テレビ電話モジュール組み込みサービス」を12月1日に発売する。

 「FreshVoiceテレビ会議/テレビ電話モジュール組み込みサービス」は、PC・スマートフォン・タブレット向けの様々なアプリケーションにテレビ会議/テレビ電話機能を搭載できるモジュールを組み込むサービス。同モジュールを利用すると、例えば、ECサイトに組み込むと、画面上にオペレーターとの会話ウィンドウを開いて対面で直接問い合わせをしたり、アドバイスを受けることなどが可能になる。また、グループウェアや企業内のイントラネットシステムに組み込めば、社員間でのテレビ会議やテレビ電話が専用ソフトを立ち上げずに簡単に行なえるようになる。

 ビデオコミュニケーションの機能に加え、画像を表示し、そこに双方から自由に書き込みが行なえる機能なども搭載しているので、資料を使った会議の開催や、コールセンターやサポートデスクでの顧客との円滑なコミュニケーションを図れる。ECサイトで利用する際などは、映像を見ながら、音声については固定電話や携帯電話を利用してやり取りを行なう同期機能を搭載しているため、利用者のITリテラシーに応じて様々に活用できる。

 プラットフォームはPC・スマートフォン・タブレットを問わず、対象はインストール型のアプリケーションかWebアプリケーションかを問わず、低コスト・短期間で様々な機能を備えた映像コミュニケーション機能を搭載できる。

 価格は、ソフトウェアライセンス・組み込み費用がオープン価格。


出荷日・発売日 2014年12月1日 発売
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「テレビ会議/ビデオ会議」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「テレビ会議/ビデオ会議」関連情報をランダムに表示しています。

「テレビ会議/ビデオ会議」関連の製品

テレビ会議システム EVCシリーズ 【アバー・インフォメーション】 「遠隔会議システム」に関するアンケート 【NTTコミュニケーションズ株式会社】 ビデオ・Web会議用カメラシステム VC520 ミーティングカメラPro 【アバー・インフォメーション】 テレビ会議導入で生じる意外な社内格差とは 【NTTコミュニケーションズ株式会社】 テレビ会議システム V-CUBE Box 【ブイキューブ】
テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議
ハイコストパフォーマンス、高画質を特長とするテレビ会議ソリューション。単拠点モデル、多拠点モデルを展開。H.323、SIPプロトコルに準拠。 「遠隔会議システム」に関するアンケート USB接続だけですぐに使えるビデオ会議用カメラシステム。12倍光学ズームPTZカメラ、フルHD1080p出力解像度、エコーキャンセラースピーカーフォンで高画質・高音質を実現。 「効率化が進まない」テレビ会議を導入しても“使えない”ワケ リモコンで操作ができる会議室設置型のテレビ会議システム。低コストながら高画質・高音質を実現しているため、既存テレビ会議システムのリプレースや拡張にも適している。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058993


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > テレビ会議/ビデオ会議 > テレビ会議/ビデオ会議のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ