富士ゼロックス、次世代マネージド・プリント・サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士ゼロックス、次世代マネージド・プリント・サービスを提供


掲載日:2014/11/26


News

 富士ゼロックス株式会社は、従来のマネージド・プリント・サービスによる出力環境の最適化に加え、モバイルやクラウド環境でのセキュリティを強化し、ドキュメント関連業務のプロセスの最適化に向けた支援をアウトソーシング・サービスとして行なう「Next Generation Managed Print Services」(Next Generation MPS)の提供を開始した。

 「Next Generation MPS」では、ビジネスに必要な情報を安全で時間や場所を問わず効率的に入手できる環境を構築する。また、同環境を継続的に維持するために情報を伝えるドキュメント関連の業務プロセスの改善を促す3段階のサービスロードマップを提供する。各ステージで新たなツールを段階的に提供するほか、同社がサービス導入後の出力環境の運用・管理を行ない、定期的なレビューの実施と改善に向けた支援を行なう。

 ステージ1は“アセスと最適化”で、新たな分析ツールを導入し、出力機器の使用状況・出力コスト・環境負荷などを把握する。使用量やコストの他部門との差、ユーザと業界標準値との比較を視覚的に提示し、改善に向けた仮想シナリオを提供するほか、出力環境の管理・利用ポリシーを設定する。

 ステージ2は“セキュリティと統合”で、オフィス・プリントルーム・モバイル・クラウドなど、様々な環境下でのセキュリティの強化と出力の管理を行なう。具体的には、利用者認証や、利用者ごとのルールに基づいた出力管理、利用コストの部門課金管理などを導入でき、ユーザの既存の利用者認証システムや他社の出力機器とも統合させ、利用者ごとにカラー出力枚数の制限を設けるなどの個別設定を可能にする。

 ステージ3は“自動化と簡素化”で、構築された環境から収集したデータをベースに、出力枚数や機器に加えて紙を多く扱う業務プロセスを特定し、そのドキュメントがなぜ出力されどのように共有・配布されるのかを定量・定性データの両面から分析し可視化する。その結果に基づき非効率な業務プロセスを特定し電子化するほか、ワークフローの自動化や効率化によって、情報が適切な場所に短時間で流通されるように提案する。また、PC・タブレット・スマートフォンなど様々なソースで生成されたドキュメントをシームレスに共有・保存・変換できる環境を提供し、定期的なレビューを行なう。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058978


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ