KDDI、閉域網とクラウドサーバを一括提供するM2Mサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


KDDI、閉域網とクラウドサーバを一括提供するM2Mサービスを提供


掲載日:2014/11/26


News

 KDDI株式会社は、安全な閉域網、通信機器からのデータ収集/蓄積、データのレポート表示といった、M2M(マシンtoマシン)をビジネスで利用する際に必要な機能をワンストップで利用できるクラウドサービス「KDDI M2Mクラウドサービス」の提供を12月1日に開始する。

 「KDDI M2Mクラウドサービス」は、サーバー構築やアプリケーション開発などの初期投資が不要で、運用コストのみでM2Mサービスを利用でき、サービスの導入期間も短縮できる。閉域網とクラウドサーバを一括提供することで、安全な環境の提供が可能になっている。データは様々なテンプレートによりグラフや地図上に表示され、視覚的に把握できるほか、収集データのCSV形式での出力に対応している。また、しきい値によるアラートを電話(自動音声)/メールで通知するアラート判定通知や、位置情報取得や任意メッセージのSMS送信による通信機器の遠隔操作ができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

人的リソースの限られた企業がOpenStackのメリットを最大限に享受するには? 【レッドハット+他】 OpenStackで構築するソフトウェア定義インフラ、俊敏性を高めるポイントは? 【インテル】 IBM i上の基幹システムをクラウドへ移行する5つのポイント 【日本情報通信】 自社にとって最適なクラウドプラットフォームを選定するためには? 【KDDI】 事例で分かった、ハイブリッドクラウド活用を成功に導く4つのヒント 【日本アイ・ビー・エム】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
人的リソースの限られた企業がOpenStackのメリットを最大限に享受するには? OpenStackで構築するソフトウェア定義インフラ、俊敏性を高めるポイントは? 長年にわたり「IBM i(AS/400)」で運用し続けてきた基幹システムは、まさに自社の業務ノウハウの結集だ。経営に欠かせないこの重要資産を今後も生かしていく道とは。 自社にとって最適なクラウドプラットフォームを選定するためには? 事例で分かった、ハイブリッドクラウド活用を成功に導く4つのヒント

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058970


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ