アセットメント、物品管理ソフトで不明PCを把握できる新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アセットメント、物品管理ソフトで不明PCを把握できる新版を提供


掲載日:2014/11/25


News

 株式会社アセットメントは、社内資産の物品管理ソフト「Assetment Neo」で、IT資産管理ソフトとの連携機能に対応した新バージョンの提供を開始した。

 「Assetment Neo」は、購入から廃棄まで業務に合わせた機能が装備されていて、棚卸機能ではバーコードリーダやRFIDに加え、スマートフォンにも対応する。

 今回のバージョンでは、IT資産管理ソフトと連携し、所在不明のPCをひと目で把握できる機能が追加された。「Assetment Neo」によって『本来、会社にあるべきPC』を把握し、IT資産管理ソフトで『現在稼働中のPC』を収集することで、所在不明のPCの明確化を図れる。

 そのほか、導入支援や運用/棚卸の代行など、社内の物品管理に関するサービスを幅広く提供し、ユーザの業務改善を支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

設備資産管理を支える「EAM」の形――現場でも使われるツールに必要なこと 【インフォアジャパン】 ライセンス管理ソリューション 【日立ハイテクソリューションズ】 情報漏洩対策+資産管理ツール MaLion 5 【インターコム】 仮想化技術の普及に対応するIT資産管理のベストプラクティス 【ウチダスペクトラム株式会社】 資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
設備資産管理を支える「EAM」の形――現場でも使われるツールに必要なこと どのPCにどの契約のソフトウェアがインストールされているかを、低コストで可視化できるライセンス管理システム。 情報漏洩対策とIT資産管理・SAMを網羅したクライアントPC運用管理ソフト。充実した操作監視・制限機能や管理者負担の軽減に配慮した導入・運用支援機能が特長。 「ライセンス管理不備で高額請求」の落とし穴を回避、理想のIT資産管理とは 2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058952


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ