NTT西日本、高画質なビデオ会議パックと定額プランを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT西日本、高画質なビデオ会議パックと定額プランを提供


掲載日:2014/11/25


News

 西日本電信電話株式会社(NTT西日本)は、中堅・中小企業向けに、高画質ビデオ会議に必要な商品を組み合わせ、最大4拠点の同時接続を行なえる「ひかりシェアプレイス 高画質テレビ会議パック」と、同一契約者名義の事業所間のテレビ電話通話料を定額で利用できる「グループ通話定額テレビ電話プラン」(料金サービス)の提供を開始した。西日本エリア(富山県・岐阜県・静岡県以西の30府県)で提供される。

 「ひかりシェアプレイス 高画質テレビ会議パック」では、ビデオ会議を利用する各拠点に対し、拠点ごとの環境やニーズに応じて、ビデオ会議に必要な機器などがワンストップで提供される。同パッケージを利用するには、フレッツ光と、ひかり電話サービス(「ひかり電話オフィスA(エース)」「ひかり電話オフィスタイプ」「ひかり電話」のいずれか)の契約が必要。

 高精細な画像(HD画質・30fps)でビデオ会議を行なえるほか、NGNの帯域確保機能を利用することで、安定した映像・音声通信を行なえる。また、閉域網のNGNを利用することで、オープンなネットワークに比べ秘匿性に優れ、機密性の高い内容の会議などにも利用できる。

 また、通話料金を気にせずに利用したい場合は、同一契約者名義のひかり電話サービスをあらかじめグループ登録することで、登録したグループ内のテレビ電話通話料(利用帯域2.6Mbpsまで)を1通話あたり3時間まで回数無制限、月額定額で利用できる「グループ通話定額テレビ電話プラン」を利用でき、これら2つを併用することで、定額で、離れた複数の拠点との高画質なビデオ会議環境を構築でき、出張経費の削減や業務効率化などを図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「テレビ会議/ビデオ会議」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「テレビ会議/ビデオ会議」関連情報をランダムに表示しています。

「テレビ会議/ビデオ会議」関連の製品

ビデオ・Web会議用カメラシステム VC520 ミーティングカメラPro 【アバー・インフォメーション】 マネージド・コラボレーションサービス COLLABO de! World 【IIJグローバルソリューションズ】 クラウド型テレビ会議の賢い選び方ガイド 【VTVジャパン】 海外企業で拡大中!「15分会議」成功の秘訣 【ポリコムジャパン】 Pexip Infinity(ペクシプ インフィニティ) 【VTVジャパン】
テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議
USB接続だけですぐに使えるビデオ会議用カメラシステム。12倍光学ズームPTZカメラ、フルHD1080p出力解像度、エコーキャンセラースピーカーフォンで高画質・高音質を実現。 Skype for Businessのユーザーは、端末側の設定変更や専用ソフトウェアを追加することなく、COLLABO de! Worldのビデオ会議に参加することが可能。 4つの課題・ニーズ別にクラウド型テレビ会議の選び方をガイド! ◎場所や端末を問わず利用できるリモート会議ソリューション
◎視覚や聴覚に訴えるリモート会議で、短時間での意思決定を支援
各種端末やWebRTC対応ブラウザ、UCツールからの接続に対応したメディアプラットフォーム。誰もが自由に利用できるテレビ会議環境を低コストで提供する。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058946


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > テレビ会議/ビデオ会議 > テレビ会議/ビデオ会議のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ