ドコモ、東北大学と妊婦の疾患の予防早期発見に向け共同研究開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ドコモ、東北大学と妊婦の疾患の予防早期発見に向け共同研究開始


掲載日:2014/11/25


News

 株式会社NTTドコモ(ドコモ)は、同社と国立大学法人東北大学 東北メディカル・メガバンク機構(東北大学)は、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病、早産などの妊婦に特有な疾患の予防・早期発見方法を確立するとともに発症原因の特定につなげるために、共同研究を実施する契約を11月14日に締結し、19日に研究を開始したと発表した。

 多くの疾患は、生まれもった遺伝要因と、生活習慣などの環境要因が複雑に作用して発症すると考えられているが、これまでの環境要因の調査は、半年から年に1回程度の頻度で質問票への回答を自己申告式で行なうことが主であったため、データ収集頻度と回答の精度に課題があったという。

 今回実施される研究では、スマートフォンを介してウェアラブル機器などの各種ヘルスケアデバイス(活動量計・睡眠計・血圧計・体温計・体重計など)から客観的なヘルスケアデータを日々収集することで、精度の優れたデータを高頻度に取得し、課題の解決を図ると述べている。

 数百名規模の妊婦のゲノム情報(生物が持っている様々な遺伝子に関する情報)、血中タンパク質などの体内物質の変化、そして日々の血圧・体温・体重・食事・睡眠・運動などのヘルスケアデータの3要素を組み合わせた情報解析を行ない、これまで多くの妊婦が発症しながらも原因不明であった疾患の予防や早期発見方法を確立するとともに、発症メカニズムの解明を目指すと伝えている。

 共同研究は、東北大学で11月19日から2019年3月31日まで実施することを予定していて、東北大学が保有するゲノム解析及び体内物質解析の技術力と、ドコモが保有するモバイル・ヘルスケア技術を融合することで、妊婦に特有な疾患の発症予防方法や早期発見方法を確立し、多くの妊婦が疾患を経験せずに安心して出産を迎えられるよう、母子の健康確保を支援すると述べている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

実例:経営企画室長、グループウェア導入で組織風土を変える 【リスモン・ビジネス・ポータル】 EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 【Splunk Services Japan】 ビッグデータ活用ガイド:50種類以上のデータごとに活用事例を解説 【Splunk Services Japan】 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは? 【Splunk Services Japan】 AIがいち早く異常を検知、内部対策を備えた多層防御の実力とは? 【日本テレマティーク】
グループウェア 統合ログ管理 ビッグデータ 統合ログ管理 フィルタリング
ツールの導入は簡単だが、定着して効果が出るかは別問題。グループウェア導入から約1年で組織風土を変革、離職率低減の成果を上げた企業は、何に取り組んだのかを取材した EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 ビッグデータ活用ガイド:50種類以上のデータごとに活用事例を解説 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは? AIがいち早く異常を検知、内部対策を備えた多層防御の実力とは?
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058941



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ