日立、流体解析や気象予測が可能なスーパーテクニカルサーバ出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、流体解析や気象予測が可能なスーパーテクニカルサーバ出荷


掲載日:2014/11/21


News

 株式会社日立製作所(日立)は、流体解析や気象予測などの大規模シミュレーションで優れた性能を持つスーパーテクニカルサーバ「SR24000」シリーズの出荷を12月1日に開始する。

 「SR24000」シリーズは、POWER8プロセッサの搭載や、ノードあたりのメモリ転送速度を毎秒384GBに向上したことなどで、従来モデルに比べ約1.6倍の実効性能を達成している。また、InfiniBandによるノード間ネットワークを高速化し、約3.3倍の毎秒54.2GBのノード間データ転送速度を可能にしている(いずれも「SR16000 モデルXN1」と「SR24000 モデルXP2」の同一コア数での比較)。

 これらにより、大量データを利用した大規模シミュレーションなどの科学技術計算の処理を迅速に行なえる。また、システムの規模や用途に応じてモデルを選択できるため、消費電力や設置面積などシステムの導入・運用にかかるコストを抑えながら、性能に優れたスーパーコンピュータシステムを構築できる。

 高集積で大規模なシステム向けに2uのシャーシにPOWER8プロセッサ(周波数3.42GHz)を最大20コア搭載できる「XP1」と、高い単体性能が求められるシステム向けに4uのシャーシにPOWER8プロセッサ(周波数3.52GHz)を最大24コア搭載できる「XP2」の2モデルが用意されている。いずれもノードあたりの最大メモリ容量は1024GBで、最大ノード数は512ノード、ノードあたりの理論演算性能はそれぞれ547.2/675.84GFLOPSになっている。価格はいずれも個別見積。


出荷日・発売日 2014年12月1日 出荷
価格 個別見積

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「UNIXサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UNIXサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058934


IT・IT製品TOP > サーバー > UNIXサーバ > UNIXサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ