NTT Com、上海プードンデータセンターの提供を開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT Com、上海プードンデータセンターの提供を開始


掲載日:2014/11/21


News

 NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は、中国・上海浦東(プードン)開発区において、サーバールーム面積約2600平方メートル(1000ラック相当)の“上海プードンデータセンター”の提供を開始したと発表した。

 上海プードンデータセンターは、同社が中国本土で提供するデータセンターの中では初めて、設備設計・構築・運用までのすべてを自ら実施するデータセンターになり、品質やコストをNTT Comが一元的にマネジメントできるため、ユーザはグローバルで統一された安定した品質のデータセンターサービスを利用できる。

 同データセンターは、停電や設備故障、設備点検時の機能停止に備え、電源・空調・通信ルートなど各種設備の冗長化を図っており、災害時にも安全な設計になっている。電力供給の可用率は99.9999%になっているほか、1ラックあたり10kVAの高密度電力供給のニーズにも対応できる。更に、設備や運用コストを上海エリアのほかのデータセンターより約2割低減しているという。

 また、キャリアニュートラルポリシーの採用により、複数の中国通信会社のネットワークが利用可能で、ネットワークルートやキャリアを冗長化し可用性に優れたネットワーク構成を確立できる。

 日本語・英語・中国語による24時間365日対応のサービスデスクや、オンサイトスタッフによる各種マネジメントサービスでは、ITシステム運用管理の包括的ガイドライン“ITIL”のほか、国際認証“ISO 27001”“ISO 9001”“ISO 20000”などにも準拠した安全かつ効率的なオペレーションを提供している。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 中堅・中小企業でもビデオ会議に手が届く今、見直すべき「日本の働き方」とは 【ポリコムジャパン株式会社】 DDoS攻撃対策への投資――知らない間に発生している損失とは? 【日商エレクトロニクス】 クラウド型対策が“越えられない壁”──DDoS対策でオンプレ型が有効な理由 【日商エレクトロニクス】 高利益体質のビジネス持続に欠かせないERP、中堅企業の成功事例 【SAPジャパン】
バックアップツール テレビ会議/ビデオ会議 ファイアウォール ファイアウォール ERP
稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 中堅・中小企業でもビデオ会議に手が届く今、見直すべき「日本の働き方」とは DDoS攻撃対策への投資――知らない間に発生している損失とは? クラウド型対策が“越えられない壁”──DDoS対策でオンプレ型が有効な理由 高利益体質のビジネス持続に欠かせないERP、中堅企業の成功事例
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058915



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ