ドコモ、2015年3月期(第24期)の配当予想の修正に関して発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ドコモ、2015年3月期(第24期)の配当予想の修正に関して発表


掲載日:2014/11/21


News

 株式会社NTTドコモ(ドコモ)は、10月31日開催の取締役会において、2015年3月期(第24期)の1株当たり配当予想について修正することとしたと発表した。

 ドコモは、今年度は減益となる見通しだとしているが、大規模な自己株式取得について一定の見通しがつけられたことを踏まえ財政状況などを総合的に勘案して、期末配当を従来予想の30円から5円増配の35円、年間配当予想を65円にすることを決定したと伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

シングルサインオン・統合認証基盤 IceWall SSO 【日本ヒューレット・パッカード】 統合業務ソフトウェア OBIC7 【オービック】 DevOpsの応用でインフラを迅速化、注目手法「Infrastructure as Code」の始め方 【日本ヒューレット・パッカード】 データセンターの非効率性を解消、注目の次世代インフラを徹底分析 【日本ヒューレット・パッカード】 HCIの進化形「コンポーザブルインフラ」の仕組みを徹底解剖 【日本ヒューレット・パッカード】
シングルサインオン ERP 垂直統合型システム 垂直統合型システム 垂直統合型システム
国内導入実績No.1※シングルサインオン製品
Office 365、Salesforce、GoogleApps等と認証連携(フェデレーション)が可能
OATH準拠のOTPソリューション、モバイルSSOも提供
会計・人事・販売・生産の各業務システムは個別導入が可能。さまざまな業種に対応するテンプレートをもつ統合業務ソフトウェア。 DevOpsの応用でインフラを迅速化、注目手法「Infrastructure as Code」の始め方 データセンターの非効率性を解消、注目の次世代インフラを徹底分析 HCIの進化形「コンポーザブルインフラ」の仕組みを徹底解剖
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058910



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ