ヴイエムウェア、クラウド管理プラットフォームの新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ヴイエムウェア、クラウド管理プラットフォームの新版を提供


掲載日:2014/11/21


News

 ヴイエムウェア株式会社は、ハイブリッド クラウド向けに開発されたクラウド管理プラットフォームの新版「VMware vRealize Suite 6」を含む、クラウド管理製品群と機能群の提供を2014年第4四半期(10〜12月、予定)に開始する。

 今回、「VMware vRealize Operations」のメジャー アップデートに加え、DevOpsでの継続的デリバリを図れる「VMware vRealize Code Stream」、クラウド管理向けSaaS(Software as a Service)の新サービス「VMware vRealize Air Compliance」のベータ版が提供される。

 「VMware vRealize Suite」は、製品間でサービスを共有することで管理を統合でき、ビジネス上の価値実現までの期間を短縮できる。「VMware vRealize Code Stream 1.0」では、IT部門がアジャイル開発とDevOpsプロセスをサポートでき、継続的インテグレーションの俊敏性を継続的デリバリにまで拡張することで、運用リスクを低減しながら、ソフトウェア リリースの高速化と信頼性の向上を図れる。

 「VMware vRealize Suite」では、VMwareのクラウド自動化、クラウド運用、クラウド ビジネス管理のソリューションが単一のスイート製品に統合され、包括的で統合された管理スタックを提供することで、プライベート/パブリック クラウド環境や複数のハイパーバイザー、物理インフラ上に展開された新旧のアプリケーションのリリースと運用管理を自動化でき、様々な環境を統合的に管理できる。

 「VMware vRealize Operations 6.0」では、インテリジェントな運用をアプリケーションからストレージにまで適用できるほか、「VMware vRealize Business 6.0」は、コストと品質に関するインサイトをIT部門に提供する。「VMware vRealize Automation 6.2」では、「VMware vRealize Operations」との更なる統合が行なわれ、運用上のインテリジェンスと分析機能がライフサイクル管理に追加されている。また、「VMware vRealize Log Insight 2.5」では、VMware vRealize Operationsとの統合強化が図られ、システムの運用停止を防止できるほか、ロール ベースのアクセス制御機能も搭載され、利用者の役割に応じてログデータへのアクセスを制御できる。

 また同社は、Software-Defined Deta Centerのために開発された、SaaS型コンプライアンス サービス「VMware vRealize Air Compliance」の提供を2015年以降(予定)に開始する。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

オンプレミスと同じように安定かつ安全に運用できるクラウド導入 【F5ネットワークスジャパン】 LANDesk Management Suite 【LANDesk Software】 Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】 統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】 必要だけど荷が重いシステム運用管理 他の企業はどうしている? 【東日本電信電話】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
企業のマルチクラウド導入が急速に進んでいる。しかし、その導入では正常に動いていたオンプレミスとどれだけ同じように安定かつ安全に運用できるかが管理者の悩みとなる。 PCやモバイルデバイスなど企業内ファイアウォールの内外に存在するすべてのクライアントを、OSに関係なく共通コンソールから一元管理するIT統合管理ソリューション。 「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。 オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。
必要だけど荷が重い“システム運用管理” 他の企業はどうしている?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058907


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ