I-Oデータ、ネットワーク接続HDDで大容量モデルを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


I-Oデータ、ネットワーク接続HDDで大容量モデルを出荷


掲載日:2014/11/19


News

 株式会社アイ・オー・データ機器(I-Oデータ)は、ネットワーク接続HDD「LAN DISK H/Z」シリーズで、大容量モデルを11月下旬(予定)から順次出荷する。

 今回出荷されるのは、NAS用に設計され省電力で熱・振動に強いWestern Digital社のHDD「WD Red」の6TBを搭載したモデル。

 最大36TBまで選択できるようになり、オフィスの文書・写真・動画ファイルの共有・保存先のほか、複数台のサーバーのバックアップ先としての利用などが可能になっている。

 2〜6ドライブモデルがあり、ウイルス対策ライセンスやWindows Storage Server 2008/2012 R2搭載、ラックマウント型など様々なモデルがラインアップされている。交換用HDDも用意されている。

 価格は「LAN DISK H」の2ドライブモデル(12TB)が24万円、「LAN DISK Z」のWindows Storage Server 2012 R2搭載2ドライブモデル(12TB)が27万円など。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

1日当たりのデータ転送量が50TB、Yahoo! JAPANが挑んだ桁外れのバックアップ 【日本アイ・ビー・エム】 SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】 フラッシュ環境のデータ保護、性能と効率を最大化する手法と4つの留意事項 【日本ヒューレット・パッカード】 Watson活用成功のカギを握るストレージ技術とは? 【日本アイ・ビー・エム】 SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
Yahoo JAPANの挑戦に学ぶ、大容量データのバックアップ手法 SSDの限界点と、オールフラッシュストレージの真価の引き出し方 フラッシュ環境のデータ保護、性能と効率を最大化する手法と4つの留意事項 AIの活用はストレージの革新から始まる、そのワケは? SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュの実力を探る

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058861


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ