JPT、Android対応バーコードリーダ/磁気カードリーダを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JPT、Android対応バーコードリーダ/磁気カードリーダを発売


掲載日:2014/11/18


News

 日本ポステック株式会社(JPT)は、Androidタブレットに接続可能なmicroUSBをインターフェースとしたバーコードリーダ「JPT-B1」と磁気カードリーダ「JPT-MSR100」を11月に発売する。

 「JPT-B1」は、1次元バーコードが読み取り可能なCCDバーコードリーダで、Androidタブレットへの直接入力に加え、液晶画面読み取りにも対応している。「JPT-MSR100」は、スマートデバイスでのクレジットカード決済の推奨暗号化方式“DUKPT”に対応していて、安全/安価にスマートデバイス決済を提供できる。また、JIS1/JIS2カードを読み取り可能で、様々なカードソリューションに対応できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他スマートデバイス関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他スマートデバイス関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他スマートデバイス関連」関連の製品

KAITO セキュアブラウザ 【ソフトバンク コマース&サービス】 iPad向け手書き入力ツール 「7notes Pad+WC」 【ソフトバンク コマース&サービス】 業務用アプリ開発 【フェンリル】 Mobile Perfect SP イベント支援 サービス 【ソフトバンク コマース&サービス】 Android Wear 2.0はApple Watchに追い付いた? 【KDDI】
その他スマートデバイス関連 その他スマートデバイス関連 その他スマートデバイス関連 その他スマートデバイス関連 その他スマートデバイス関連
端末にデータを残さず、盗難や紛失などのスマートデバイス特有のリスクから自社の情報を守ることが可能なスマートフォン・タブレット用セキュリティブラウザ。 業務で利用するiPad上のWebアプリケーションを一切変更することなく、手書き入力を可能にするツール。ストレスのない、手書きによる日本語入力を実現。 企画・UI設計・実装までワンストップで対応する業務用アプリ開発サービス。企画の前段階で必要なUXデザインやHTML5を使ったWeb、アプリ開発、サーバー連携まで対応。 気軽に簡単にスマートフォンを活用できるクラウド型イベント支援サービス。ほかにもさまざまなサービスを揃え、自社のニーズに合わせて必要なものを利用できる。 Android Wear 2.0はApple Watchに追い付いた?

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058839


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > その他スマートデバイス関連 > その他スマートデバイス関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ