テリロジー、SDNアーキテクチャ採用の分散型ストレージ製品発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


テリロジー、SDNアーキテクチャ採用の分散型ストレージ製品発売


掲載日:2014/11/18


News

 株式会社テリロジーは、米国Coho Data,Inc.の、SDNアーキテクチャの分散型ストレージソリューション「Coho DataStream」を発売した。

 「Coho DataStream」は、ソフトウェア制御の仮想ストレージ(SDS:Software Defined Storage)と、SDN技術に対応したスイッチを組み合わせた構成で、高速で柔軟なストレージシステムを構築できる。高速なPCIeフラッシュと、汎用ハードウェアを採用したことで、DataStreamシャーシ1台あたり180KIOPSを達成している。

 PCIeフラッシュとSATA HDDを“MicroArray”ストレージとして採用。書き込みを常にPCIeフラッシュに対して行ないながら、アクセス頻度の低いコールド・データはHDDに自動的に配置することで、高いパフォーマンスと容量効率を両立している。1筐体に2台のMicroArrayを搭載することで、総容量約54TBに対応できる。

 分散アーキテクチャを採用し、台数を増やすと自動的にクラスタリングされ、1つのシステムとして動作する上、台数を増やすほど性能がリニアに向上する(シャーシ2台:360KIOPS、シャーシ3台:540KIOPS)。また、スケールアウト時は、面倒な設定は不要で、DataStreamシャーシをスイッチに接続することで利用できるほか、DataStreamスイッチ上にインストールされた管理UIを利用することで、機械の稼働状況やパフォーマンスなどを簡単に確認できる。

 複数の世代のMicroArrayを同一システム内でクラスタリングして動作させられ、新しいメディアを搭載したハードウェアを、過去の資産を無駄にせずにシステムに取り込める。また、データは自動的にレプリケーションされ、分散データは別のMicroArrayに保存されるため、1台のノードが故障してもデータの消失を回避できるほか、故障時は自動的にデータの再配置・再レプリケーションが行なわれ、2台以上のMicroArrayが稼働している場合は、同じデータが2つ以上分散配置される状態が保たれるため、高い耐障害性が確保される。VMwareのAPI“VAAI”(vSphere API for Array Integration)に対応し、ESXiサーバ側に負担をかけずにスナップショットを作成するなど、VMwareと密な連携を図れる。

 「Coho DataStream」の「スターターモデル」は、OpenFlow対応SDNスイッチ製品「Coho DataStream Switch」×1、ハイブリッド型ストレージ製品「Coho DataStream 1000」×1、運用管理ソフトウェアで構成され、価格は1870万円。


出荷日・発売日 2014年11月17日 発売
価格 「スターターモデル」:1870万円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

ストレージに関するアンケート 【アイティメディア】
その他ストレージ関連
ギフト券が当たる★ストレージに関するアンケート

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058831


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ