日本オラクル、最大912TB搭載できるフラッシュ・ストレージ出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本オラクル、最大912TB搭載できるフラッシュ・ストレージ出荷


掲載日:2014/11/14


News

 日本オラクル株式会社は、記憶媒体としてフラッシュ・メモリを最大912TB搭載できるフラッシュ・ストレージ「Oracle FS1 Flash Storage System」(Oracle FS1)の出荷を11月(予定)に開始する。

 「Oracle FS1」は、オラクルのサーバー・OS・アプリケーション・DBと組み合わせることで運用効率を最大化できるように設計されている。最大200万の読み込み・書き込み性能(IOPS、読み込み・書き込み比率:50対50)、毎秒80GBのスループットを達成でき、TBあたり半分以下のコストで、同等の競合フラッシュ・ストレージ製品の8倍のIOPS性能と9.7倍の書き込みスループットを提供する(オラクル調べ)。

 インテリジェントな管理ソフトウェア「QoS Plus」を備え、データの効率化を図れる自動階層化システムを利用することで、予測可能なストレージ・リソースの配分を図れ、フラッシュ能力の最大化、HDDの経済性向上も図れる。ビジネスの優先度とデータ使用率の組み合わせに基づいて、フラッシュやディスクといったストレージ・メディアへの適切なデータ配置を決定することで、TBあたりの読み込み・書き込み性能に優れたコスト・パフォーマンスを達成できる。

 “アプリケーション・プロファイル”機能を利用することで、「Oracle Database」やオラクルのアプリケーション製品に加え、他社製のソフトウェアでも導入を簡素化でき、複雑なチューニングと管理を自動化するなど、少ない工数でプロビジョニングできる。また、データ圧縮技術“Hybrid Columnar Compression(HCC)”に対応し、競合製品に比べデータを最大50分の1に圧縮できる(オラクル調べ)。

 “ストレージ・ドメイン”機能を備え、マルチテナント環境に独立した仮想ストレージを構築でき、クラウド環境を配備できる。1台の筐体にQoSを備えた複数の独自環境を構築することで、データセンターの集約を図れ、電力・冷却・管理などの経費削減も図れる。また、様々なOSとハイパーバイザーをサポートし、「Oracle Linux」「Oracle Solaris」「Oracle VM」「IBM AIX」「HP-UX」「Microsoft Windows」「VMware」に対応している。なお、オールフラッシュでの最小構成時の価格(予価)は937万9559円。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058789


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ