SAS、データ・ビジュアライゼーション・ソフトの新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SAS、データ・ビジュアライゼーション・ソフトの新版を提供


掲載日:2014/11/12


News

 SAS Institute Japan株式会社(SAS)は、小規模なデータからビッグデータまで、柔軟に対応するデータディスカバリ型のインメモリ・アナリティクスとしての改善が行なわれた、データ探索とデータ・ビジュアライゼーションのアップデート「SAS Visual Analytics 7.1」の提供を開始した。

 「SAS Visual Analytics 7.1」では、アクセス対象データソースの拡張やデータ探索とビジュアライゼーション機能、レポーティングやモバイル機能、環境管理機能などの機能拡張が行なわれ、顧客との関係性強化や離反防止、営業効率向上やリスクの低減などの課題解決に利用できる。また、SAP HANAからの高速データ・ローディングを行なえ、各種Hadoopのサポートも強化されている。

 “ゴール探索”は、従来から提供されている時系列予測(シナリオ分析)の拡張機能で、目標を設定すると、目標を達成するために取るべきアクションが示唆される。“パス分析”は、Sankeyダイアグラムを使用して、物事の流れを可視化する機能で、小売業界での顧客の買い回り分析やWeb上のクリックストリームの導線分析などに利用できる。

 レポーティング機能が拡張され、“レポートレベル・プロンプト”では、複数セクションにまたがって適用されるフィルタの活用を図れる。レポート内の気になる点をクリックするとポップアップで関連情報がビジュアルに表示されるほか、利用できるチャートタイプが拡張され、ベクトルプロット、バタフライ、株価(高値-安値)チャート、株式数とボラティリティ、バブルチェンジ・プロットなどが追加された。また、アニメーションできるチャートタイプが拡張されたほか、カテゴリ項目値を任意の順序で並べ替えられる。Microsoft Officeアプリケーションとの連携が強化され、SAS Visual Analyticsのレポート内データを容易にExcel/Word/PowerPointなどに取り込め、現場担当者の業務効率/生産性の向上などを図れる。

 SAP HANAからの高速データ・ローディングに対応し、業務効率の改善を図れる。モバイルアプリは、インターフェースが一新され、使い勝手が向上しているほか、新版OSにも対応している。Hadoopのサポートが強化され、Hadoopクラスタから並列高速データ・ローディングを行なえる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058751


IT・IT製品TOP > データ分析 > BA > BAのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ