ディー・ワークス、顧客情報をGoogle Appsで一元管理可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ディー・ワークス、顧客情報をGoogle Appsで一元管理可能に


掲載日:2014/11/11


News

 株式会社ディー・ワークスは、顧客情報の一元管理をGoogle Appsで行なう「ConnectBassコンタクトマネージャー」の提供を開始した。価格は、10ユーザまで月額3000円、追加ユーザが月額200円。

 「ConnectBassコンタクトマネージャー」は、顧客情報の追加/編集/削除をする画面インターフェースを提供する。顧客情報はGoogle Appsの共有連絡先として、Gmailのアドレス帳としてだけでなく、スマートフォン(iPhone/Android)の電話帳からも利用でき、組織全体で1つの顧客情報を利用できる。

 Webフォームからの問い合わせも顧客情報に直接追加できるため、情報が分散しない。利用には、Google Apps for Workが別途必要。“問い合わせ管理機能”が付加された「ConnectBass」上位プランも用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 月額:10ユーザまで3000円、追加ユーザ200円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

データ活用時代に生き残るための、新たなデータ分析基盤戦略とは 【システムサポート+他】 マイクロソフトが自ら実践、「デジタル変革」の全体像とは 【日本マイクロソフト】 統合型CRMソリューション Visionary 【フュートレック】 Microsoft Dynamics 365 【日立ソリューションズ】 4社の事例で分かる「B2Cデジタル変革」 【日本マイクロソフト】
CRM CRM CRM CRM CRM
データ分析に注目していても、その基盤を整えるためのコストや手間が障壁となっている企業は多い。しかし手の届くDWHがあれば、データ活用時代に競争力を増せるはずだ。 マイクロソフトが自ら実践、「デジタル変革」の全体像とは 「顧客を知る」ための多彩な機能を備え、マーケティング施策の効果向上を支援するCRM(顧客管理)ソリューション。
O2Oに対応した機能により、店舗とECの統合管理が可能。
セールス、カスタマーサービス、フィールドサービス、ポータルなど、カスタマーエンゲージメントを高めるマイクロソフトのビジネスアプリケーション。 4社の事例で分かる「B2Cデジタル変革」

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058723


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ