ディー・ワークス、顧客情報をGoogle Appsで一元管理可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ディー・ワークス、顧客情報をGoogle Appsで一元管理可能に


掲載日:2014/11/11


News

 株式会社ディー・ワークスは、顧客情報の一元管理をGoogle Appsで行なう「ConnectBassコンタクトマネージャー」の提供を開始した。価格は、10ユーザまで月額3000円、追加ユーザが月額200円。

 「ConnectBassコンタクトマネージャー」は、顧客情報の追加/編集/削除をする画面インターフェースを提供する。顧客情報はGoogle Appsの共有連絡先として、Gmailのアドレス帳としてだけでなく、スマートフォン(iPhone/Android)の電話帳からも利用でき、組織全体で1つの顧客情報を利用できる。

 Webフォームからの問い合わせも顧客情報に直接追加できるため、情報が分散しない。利用には、Google Apps for Workが別途必要。“問い合わせ管理機能”が付加された「ConnectBass」上位プランも用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 月額:10ユーザまで3000円、追加ユーザ200円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

Experian Cross-Channel Marketing Platform 【エクスペリアンジャパン】 顧客離反を防ぐ「Customer Experience 3.0」による収益貢献モデル 【セールスフォース・ドットコム】 フーターズに聞く、リピート顧客獲得のためのO2O戦略 【東日本電信電話】 統合型CRMソリューション Visionary 【フュートレック】 Zoho CRM 【ゾーホージャパン】
CRM CRM CRM CRM CRM
BtoC企業向けMA。保有する顧客データを一元化してセグメントを切り、セグメントごとにキャンペーンシナリオを設計、クロスチャネルで実行するためのプラットフォーム。 顧客離反を防ぐ3つの方法――「Customer Experience 3.0」による収益貢献モデル フーターズに聞く、リピート顧客獲得のためのO2O戦略 「顧客を知る」ための多彩な機能を備え、マーケティング施策の効果向上を支援するCRM(顧客管理)ソリューション。
O2Oに対応した機能により、店舗とECの統合管理が可能。
世界で5万社が利用するクラウド型の顧客管理・案件管理システム。各プロセスの業務効率化と経営情報の見える化を実現。低コストで導入でき、規模や用途も柔軟に選択可能。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058723


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ