アークウェブ、Movable Type用のフォーム作成等プラグインを強化

IT・IT製品TOP > WEB構築 > CMS > CMSのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アークウェブ、Movable Type用のフォーム作成等プラグインを強化


掲載日:2014/11/10


News

 株式会社アークウェブは、Movable Type用のフォーム作成プラグイン「A-Form PC 3.8」「A-Form PC/Mobile 3.8」/会員制サイト構築プラグイン「A-Member PC 3.8」/予約制サイト構築プラグイン「A-Reserve 3.8」をリリースした。

 「A-Form」では、問い合わせやアンケートのフォームなどを、パーツのドラッグ&ドロップによる直感的なインターフェースで作成でき、着信内容を管理できる。「A-Member」では更に、Webサイトでの会員登録/ログイン機能や閲覧制限ページの提供など、会員制サイトの運用を行なえる。「A-Reserve」ではこれらに加え、日時間単位で提供するサービス/施設の予約受付機能を持ったサイトをMovable Typeで構築できる。

 今回の新バージョンでは、「A-Form」(と「A-Member」「A-Reserve」のフォーム作成機能)で、入力パーツのカラムが画面スクロールに追随するようになったほか、“一番下へ”“一番上へ”ボタンが追加されるなど、使い勝手の向上が図られている。作成されるフォームでは、HTML5のフォーム関連要素/属性の一部への対応や、初期デザインレイアウトのレスポンシブデザイン対応などが行なわれた。ファイルアップロード機能では、送信されたファイルを管理者/送信者宛てメールにも添付できる。カレンダー機能では、選択候補日に休日など除外日を設定できる。

 「A-Member」では、会員のログインIDを任意の文字列にできる機能が装備された。会員IDを返すMTタグが開発され、Google Analyticsと組み合わせることでログイン後の会員のアクセス解析を行なえる。また、会員用ダウンロードコンテンツのディレクトリに複数階層を設定できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CMS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CMS」関連情報をランダムに表示しています。

「CMS」関連の製品

SDL Tridion 【タクトシステムズ】 オープンソースCMS「Drupal」導入サービス 【デジタルサーカス】 Webサイト構築プラットフォーム「RCMS」 【ディバータ】 CMSソフトウェア Movable Type 【シックス・アパート】 エンタープライズコンテンツ管理システム Alfresco 【イージフ】
CMS CMS CMS CMS CMS
グローバル企業700社に導入◆多言語Webサイトの課題に迫る!! コンテンツ管理、会員管理、キーワード検索、RSS配信など豊富な機能を搭載しつつ、誰でも無料で利用可能なCMS「Drupal」を豊富な経験を持つエンジニア/デザイナーが支援。 豊富な標準機能が強みの国産CMS。コーポレート、求人、情報配信、EC・ポータルなど、多岐に渡るサイトの構築・運用管理を得意とし、2000社以上への導入実績がある。 効率的なウェブサイト運用を実現する、国内シェアNo.1のCMSプラットフォーム。安心のセキュリティ、豊富なソリューションで、小中規模からエンタープライズまで対応。 オープンソースによる本格的な文書管理/情報共有ツールであり、CMIS(コンテンツ管理システムの標準規格)に準拠。エンタープライズ規模に対応。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058695


IT・IT製品TOP > WEB構築 > CMS > CMSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ