SDL、ソフトウェアのローカリゼーションツールの新版をリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SDL、ソフトウェアのローカリゼーションツールの新版をリリース


掲載日:2014/11/07


News

 SDLジャパン株式会社(SDL)は、ソフトウェアのローカリゼーションツール「SDL Passolo」の新版「2015」をリリースした。

 「SDL Passolo」では、ソフトウェアローカリゼーション及びゲーム業界固有の要求を満たすように設計されている。視覚的な翻訳環境の提供によってローカリゼーションプロセスを高速化でき、品質の向上を図れる。同社が提供する「Trados Studio」などの翻訳ツールと統合できるため、作業効率も向上できる。

 今回の新版では、リボンベースのナビゲーションにより、翻訳ツールと機能が論理的にグループ分けされているため、機能やヘルプリソースをすばやく簡単に見つけられるようになった。また、ユーザ自身がよく使うコマンドをクイックアクセスツールバーに追加することでショートカットを作成したり、コマンドに好きなキーの組み合わせを割り当ててキーボードショートカットを作成できるようになった。

 同ツールのユーザインターフェースから、直接サブスクリプションベースの機械翻訳サービス「SDL Language Cloud」にアクセスし、業種別の機械翻訳エンジン(日本語は現在含まれていない)や個人の辞書を利用できるようになった。Microsoft Bing TranslatorやGoogle 翻訳といった機械翻訳プロバイダを選択することもできる。

 「SDL MultiTerm」との統合が進められ、“推奨用語や禁止用語の定義機能”“品質チェック機能の追加”“用語ウィンドウの用語表示のカスタマイズ”の3つの新機能が搭載された。ビルマ語/香港英語/中南米スペイン語など様々な言語に新しく対応した。追加言語はWindows 7/8.1に対応している。

 「Professional Edition」「Team Edition」「Collaboration Edition の3種類があり、価格は32万6000円から。


出荷日・発売日 −−−
価格 32万6000円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

業務システム開発の部品組み立て型開発基盤 「楽々Framework3」 【住友電工情報システム】 システム設計専用ツール「Verasym System Designer(VSSD)」 【第一コンピュータリソース】 多機能・高精細ビューイングエンジン PrizmDoc 【ラネクシー】 UnitBase 【ジャストシステム】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
データ中心設計(DOA)による徹底した標準化により、開発、保守工程の生産性向上を支援する部品組み立て型の開発基盤。小規模開発から大規模基幹システムまで幅広く対応。 システム開発における要件定義、外部・内部設計などシステムの設計を行う専用ツール。ドキュメントごとに専用インタフェースが用意されており効率よく設計作業を行える。 PrizmDoc は開発ツールです。Webアプリケーション上に構築するビューイングエンジンです。低コストで効率的に多機能・高精細ビューイングソフトを作成可能。 脱Excelの選択肢、専用パッケージと汎用DBツールのどちらがベスト? 見積管理を効率化、1カ月でワークフローの再構築を実現したシステムとは?

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058670


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ