電通など、顔認証コミュニケーション開発プラットフォームを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


電通など、顔認証コミュニケーション開発プラットフォームを提供


掲載日:2014/11/05


News

 株式会社電通と株式会社電通テックは、日本電気株式会社(NEC)の顔認証技術「NeoFace」を応用した顔認証コミュニケーション開発プラットフォーム「Face_in(フェースイン)」の提供を開始する。

 「Face_in」は、人の顔の特徴量データを登録・管理できるDBと顔認証用APIによって構成されていて、WebやアプリケーションにAPIを実装することで、容易に顔認証の仕組みを導入できる。

 同プラットフォームが導入されたサービスは、利用者自身がキャンペーンサイトなどから顔写真の事前登録を行なうことで、店頭や屋外広告、イベント会場などに設置されたカメラの前に立つことにより、利用者の顔のデータと管理DB内のデータが照合され、特定個人に向けたメッセージなどのインタラクションが起きる仕組みになっている。具体的な活用方法としては、イベントで事前に顔写真を登録した参加者に対して顔を入場パス代わりに使ったり、屋外広告に実装して個人を認証した上で当該個人向けにカスタマイズされた情報発信を行なう、また、店舗で上得意客の情報を顔のみで店員が把握して特別な接客を提供するといったことが提案されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

脅威対策をAWSに最適化、クックパッドに学ぶ包括的な保護のポイント 【トレンドマイクロ】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】 新しい働き方を成功に導く、無線LAN環境に必要な“第3”の認証基盤とは何か 【日本ヒューレット・パッカード+他】 Wi-Fi制御/VPN利用の強制 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】 モバイルやSaaSを保護し、利便性も損なわない金融機関のセキュリティ戦略とは 【CA Technologies】
認証 認証 認証 認証 認証
脅威対策をAWSに最適化、クックパッドに学ぶ包括的な保護のポイント Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。 スマートデバイスを活用するためには社内の無線LAN化は必須だ。だが、ユーザーIDとパスワードだけの簡単な認証基盤ではセキュアな環境を構築できない。 Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。 金融機関に学ぶ、エンドポイントに依存しないセキュリティ環境

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058605


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ