デル、インテルベースとモニタ一体型のシンクライアントを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デル、インテルベースとモニタ一体型のシンクライアントを発売


掲載日:2014/11/04


News

 デル株式会社は、インテルベースのシンクライアントでWindows Embedded 7を搭載した「Wyse 3290」と、Dell Wyseが開発したシンクライアントOS「Wyse ThinOS」を搭載したモニタ一体型シンクライアント「Wyse AIO 5213」の計2製品を11月5日に発売する。価格はオープン価格。

 「Wyse 3290」は、Intel BayTrailデュアルコアプロセッサを搭載し、シークで小型なフォームファクタを採用しているほか、レガシーインターフェースを利用した優れた柔軟性を備え、高速ネットワーク接続からレガシー周辺機器まで、ほとんどのデバイスに接続できる。ミドルからハイエンドのシンクライアントのパフォーマンスと接続性に対する優れた費用効果を達成している。これらにより、「Wyse Device Manager」のオンプレミス、または「Wyse Cloud Client Manager」のクラウドベースといった様々な用途に対する簡素化された管理や、数台のシンクライアントから数万台のシンクライアントまでに対応する高い拡張性を提供する。

 「Wyse AIO 5213」は、VMware Horizon Viewに適した画面転送プロトコル“PCoIP”(PC-over-IP)に対応した「Wyse 5000」シリーズのモニタ一体型シンクライアントで、ウイルスの影響を受けにくい「Wyse ThinOS」を搭載したことで、ローカルアプリケーションやOSセキュリティの更新、APIの公開に起因するセキュリティリスクの軽減を図れ、重要な機能をサーバー側に集約した、優れたセキュリティと信頼性を提供する。モニタ一体型なので、厳しいセキュリティ要件が求められる医療業界や金融業界などに加え、様々な業界の仮想デスクトップインフラ(VDI)の導入に適している。また、デュアルコアCPUを搭載したことで、高いパフォーマンスを備え、外部出力搭載のデュアルモニタにも対応する。同社のディスプレイ技術とシンクライアントハードウェアとを統合したことで、シームレスなデザインを備えている。


出荷日・発売日 2014年11月5日 発売
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「シンクライアント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「シンクライアント」関連情報をランダムに表示しています。

「シンクライアント」関連の製品

HP Moonshot HDI シンクライアントソリューション 【アクシオ】 川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由 【パラレルス】 利便性とセキュリティに優れたワークスペースを利用する“WaaS” 【横河レンタ・リース】
シンクライアント シンクライアント シンクライアント
HDI(Hosted Desktop Infrastructure)は、継続したパフォーマンスを提供できるハードウェア占有型のシンクライアントソリューション。ネットワーク分離用途にも適用可能。 川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由 ワークスタイル変革を掲げVDIを導入してもその効果を発揮できない企業も多い。そこで利便性とセキュリティに優れたワークスペースを利用する“WaaS”が注目されている。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058598


IT・IT製品TOP > 仮想化 > シンクライアント > シンクライアントのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ