日本IBM、データを効率的/経済的に保管するストレージを強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、データを効率的/経済的に保管するストレージを強化


掲載日:2014/11/04


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、ビッグデータを活用するアナリティクスで重要な膨大なデータを、効率的/経済的に保管するストレージ製品のラインアップを強化し、3製品「IBM FlashSystem V840」「IBM Storwize V7000/V7000 Unified」「IBM TS1150」を発表した。

 「IBM FlashSystem V840」では、膨大なデータのリアルタイム処理を加速するために拡張性が強化され、最大クラスタ構成(コントロール・エンクロージャー8ノード、AE1ストレージ・エンクロージャー20台)では、容量を800TB、処理能力を250万IOPSまで拡張できる。また、データ圧縮エンジンを2機搭載することで、リアルタイム圧縮処理を従来比2倍に高速化でき、実効容量1.6PB(2分の1圧縮時)、120万IOPSを達成できる。また、ハードウェアで暗号化(AES256対応)することで、データをセキュアに保護できる。

 「IBM Storwize V7000/V7000 Unified」の第2世代機は、リアルタイム圧縮の性能が従来比2倍に向上しているほか、6TBのディスク・ドライブに対応し、同じ設置面積で従来比1.5倍のデータを保存できる。また、搭載される全ドライブに対して暗号化を行ない、データをセキュアに保護できる。

 「IBM TS1150テープ・ドライブ」は、10TBの大容量と、最大毎秒360MB(非圧縮時)の転送レートを達成している「IBM 3592第四世代 テープカートリッジ」に対応している。「IBM Linear Tape File System」を活用することで、テープに保管されたデータにアプリケーションから直接アクセスでき、データの利用と長期保管での利便性、コスト効率の向上を図れる。また、「IBM Security Key Lifecycle Manager」を利用することで、同ドライブを使用するストレージの分散環境全体の暗号鍵を容易に生成・管理でき、データをセキュアに保護できる。

 最小構成価格は、「IBM FlashSystem V840」が3322万8400円から、「IBM Storwize V7000/V7000 Unified」が855万円から、「IBM TS1150テープ・ドライブ」が798万7800円から。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058570


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ